エマ・ワトソン、『ノア 約束の舟』の撮影後はパジャマで家に引きこもり

撮影疲れで、数日間はパジャマのままで部屋の中をウロウロしていたというエマ
  • 撮影疲れで、数日間はパジャマのままで部屋の中をウロウロしていたというエマ

エマ・ワトソンは、『ノア 約束の舟』(6月13日公開)の撮影後、パジャマのまま数週間家に引きこもっていたそうだ。

世界中で物議を醸している同作だが、「撮影のプロセスで、精神的にも肉体的にもとても消耗したの。なんだか現実離れしていて、自分が自分でなくなってしまったみたい。撮影が終わって数週間は、自分の家から一歩も出なかったのよ。数日間はパジャマのままで部屋の中をウロウロしていたわ。自分を取り戻すためには必要なことだったの」とエマはE!ニュースのインタビューで語っている。

同作の撮影中には、エマの熱狂的なファンが撮影所に侵入する事件が発生。ストーカーの恐怖に怯えた彼女は、年間1500万円で女性ボディーガードを雇ったが、不安はまだ消えないようだ。先日ニューヨークで行われたプレミアでは、レッドカーペットに集まった熱狂的なファンからサインを求められても、まったく笑顔を見せないどころか、写真や紙を差し出しサインを求めるファンの声に敏感に反応し、緊張した面持ちでサインをする様子がテレビに映し出された。

3月28日に全米で公開された製作費約1億2500万ドルと言われるラッセル・クロウ主演、ダーレン・アロノフスキー監督作『ノア 約束の舟』の週末の興行成績について、「北米3562館で上映され、熱心なキリスト教信者の観客を中心に、推定4400万ドルの大ヒットとなったようだ」と米テレビABCニュースが報じている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報