エマ・ワトソン、キスシーンの撮り直しで唇から流血!

激しいキスのしすぎで唇が切れたエマ
  • 激しいキスのしすぎで唇が切れたエマ

エマ・ワトソンが、『ノア 約束の舟』(6月13日日本公開)のキスシーンで、唇から流血する事態に陥っていたことがわかった。

同作で、ラッセル・クロウ扮するノアの養女イラを演じているエマ。劇中、ダグラス・ブース扮する夫セムとの激しいキスシーンを披露しているが、ダーレン・アロノフスキー監督からなかなかOKが出ず、何度も同シーンを撮り直したという。

「私たちは、抱きしめ合う前に駆け寄って、パーフェクトで激しいキスをする必要があったの。最初の4、5テイクは大丈夫だったんだけど、6テイク目くらいからお互いにちょっと狂気じみてきたみたい。私の唇からは血が出るし、多分私はダグラスの鼻を傷つけちゃったと思う。鼻がヒリヒリするって言ってたし、口が腫れていたわ。ただただ疲れ果ててしまって、とてもロマンチックなものじゃなかったわ」と、英TV番組ロレイン・ハーンのトークショウで語ったとcontactmusic.comが報じている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報