アートか、児童ポルノか!?世界が騒然となった美少女ヌード写真集の真相

少女らしからぬ色香を漂わすアナマリア・ヴァルトロメイ
  • 少女らしからぬ色香を漂わすアナマリア・ヴァルトロメイ

11年の第64回カンヌ国際映画祭で“これはアートか、ポルノか!?”と波紋を呼び、日本の映倫も「R18+」すら当てはまらないと判定を拒否し、公開直前まで異例の区分適応外とされていた問題作『ヴィオレッタ』が、ついに5月10日(土)に公開にされる。

本作の題材となっているのは、写真家の母親が幼い実娘のヌードを撮った伝説の写真集「エヴァ」。77年の発売当時、フランス本国のみならずヨーロッパや日本でも物議を醸した。モデルを務めたエヴァ・イオネスコは、史上最年少の11歳で米男性誌「PLAYBOY」の表紙を飾ったことでも有名になった正真正銘の“フレンチロリータ”だ。

そんな「エヴァ」の知られざる真相も描かれる『ヴィオレッタ』だが、監督しているのはなんとエヴァ・イオネスコ本人!背徳的な実体験を躊躇なく映し出す一方で、母に利用されているという葛藤と、期待に応えようと振る舞う子ども心がリアルに描かれている。母親役で登場する演技派女優イザベル・ユペールの熱演はもちろん見ものだが、真っ赤な口紅に10歳らしからぬ色香を漂わすヒロインを演じた新星アナマリア・ヴァルトロメイの美少女っぷりも見逃せない。

現在ではなんとか映倫区分「R15+」にこぎつけたものの、ショッキングなテーマから一時は日本での公開が危ぶまれた。4月16日に来日したエヴァ監督と主演のアナマリアの渡航費用一部もクラウドファンディングで一般応募したほどだ。日本公開まで長い道のりだった『ヴィオレッタ』を、ぜひその目で確かめてほしい。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報