「オランダ人から見た昭和」とは? ミッドタウンで写真展開催

レトロな気分に浸ってみる
  • レトロな気分に浸ってみる

8/29(金)〜9/30(火)、東京ミッドタウンに隣接するFUJIFILM SQUARE(東京都港区)のギャラリー「PHOTO IS」にて写真展「あるオランダ人が見た昭和の日々」が開催される。

同写真展はことしの日本・オランダ修好通商条約締結150周年と、09年の日蘭貿易400周年を記念して開催。ハンス・ブリンクマン、エイスブラント・ロッヘという2人のオランダ人が撮影した昭和20〜40年代の日本人の生活や伝統芸能などの写真約90点を展示する。

ブリンクマンとロッヘはオランダから日本へ赴任した銀行員で、毎週末に各地で日本人の生活を撮影した。彼らの写真は“外国人の目から見た昭和”を記録する貴重な資料となっている。

11:00〜20:00、入場無料。9/13(土)〜15(祝)の3日間には隣接するPHOTO CAFEにてオランダ物産展も開催する。【東京ウォーカー/中道圭吾】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報