セレーナ・ゴメス、リハビリより宗教でアルコール依存症を治療?

かなり弱っている様子のセレーナ
  • かなり弱っている様子のセレーナ

今年1月にリハビリのため入院していたセレーナ・ゴメスは、鬱とアルコール依存症の治療を受けたと言われているが、まだ完治したわけではなく、再び入院することを周囲から勧められているらしい。しかし本人は、リハビリよりも教会に通うほうが治療に繋がると考えているそうで、自分の中の「精神的な隙間」を埋めてくれるのは宗教だと話しているという。

「セレーナは教会に行くことで自分のライフスタイルを変えようとしています。というより、リハビリ入院を避けるためにそうしているのかもしれません。彼女は自分の中に精神的な隙間があると考えているそうで、そのために自分は苦しんでいるのだと話しています。彼女はリハビリ入院中、AA(断酒会)のアルコール依存症から立ち直る12の段階を話し合った時、スピリチュアルなことを学んだようです」と関係者がHollywoodLife.comに語っている。

また、セレーナは自分にネガティブな影響を与える友人たちとの交際を断ち切ることも始めたそうで、復縁していたジャスティン・ビーバーとも再び別れているという。これはコーチェラ・フェスティバルでカイリー・ジェンナーとジャスティンが接近していたのに激怒したからだそうで、その直後にセレーナは、カイリーやその姉のケンダル・ジェンナーと一緒に撮った写真をインスタグラムからすべて外している。

「セレーナはいま、本当によくない状態。折れる寸前という感じで、嫉妬に苦しんでいる。完全にジャスティン・ビーバーとの関係を断つべきだと思う」と関係者はコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報