• ニュースウォーカー
  • 映画
  • 鬼才ダーレン・アロノフスキー監督の来日が決定!『ノア 約束の舟』完成披露試写会に登壇予定

映画

鬼才ダーレン・アロノフスキー監督の来日が決定!『ノア 約束の舟』完成披露試写会に登壇予定

MovieWalker 2014年5月7日 11時52分 配信

すべての写真を見る(2件)
ラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』(10)のダーレン・アロノフスキー監督で「ノアの箱舟」伝説を描いた壮大なスペクタクル感動巨編『ノア 約束の舟』(6月13日公開)。全世界で今年3月に公開されるやいなや、数々の国で歴代オープニング記録を塗り替え、全米をはじめ37か国でNo.1ヒットを記録している。

このたび、ダーレン・アロノフスキー監督の緊急来日が決定!5月13日(火)&5月14日(水)に来日し、13日(火)には『ノア 約束の舟』の完成披露試写会に登壇する予定となっている。アロノフスキー監督の来日は、『ファウンテン 永遠につづく愛』(06)以来、7年半ぶり。

『ノア 約束の舟』は、アロノフスキー監督が長年の構想の末に完成させた渾身の作品。まだ13歳の少年だった監督が、平和についての詩を書く授業で書いたのが「ノアの箱舟」の詩だった。時を経て、映画監督として長編デビューした『π パイ』(98)を撮り終え、次の題材を考え始めた時に頭に浮かんだのが「ノアの箱舟」の物語。それから完成までに約15年の歳月を費やし、アロノフスキー監督が全身全霊をかけて挑んだ。

前作『ブラック・スワン』ではアカデミー賞作品賞、監督賞など5部門にノミネートされ、ナタリー・ポートマンに主演女優賞をもたらし、日本でも大ヒットを記録。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『レスラー』(08)など、斬新な映像表現と奥深い人間心理で衝撃を与え続けてきた監督自らが本作を、「見る者の期待を超える作品になっている」と断言している。

来日を前にして監督は、「日本の皆さん、こんにちは。『ノア 約束の舟』を日本の皆さんに観ていただけることに、僕自身も興奮しています。早く皆さんに観せたくてウズウズしています!」とコメント。世界のトップを走り続ける監督だけに、来日してどんなメッセージを発するか、いまから楽しみだ。【Movie Walker】

ノア 約束の舟

2014年6月13日(金) 公開

旧約聖書に記され、実際に起きたか否かについて審議される“ノアの箱舟”伝説を、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が映像化したスペクタクル...

おすすめ情報