「軍師官兵衛」田中幸太朗は語る「真摯な心で向きあう仙千代に注目してください!」

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、田中幸太朗は信長の小姓・万見仙千代演じる
  • NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、田中幸太朗は信長の小姓・万見仙千代演じる

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、江口洋介演じる織田信長に仕える小姓・万見仙千代を演じる田中幸太朗にインタビューを行い、役どころや作品にかける思いなどを聞いた。

仙千代は信長からの信望が厚く、側近として他の大名たちの取り次ぎや政務を行った。荒木村重(田中哲司)に謀反の疑いが出た際には、明智光秀(春風亭小朝)と共に有岡城まで赴いて問い詰めることに。やがて村重と織田軍との戦が開始されると、仙千代は先鋒として戦に参じることになる。

――最初、仙千代の印象はいかがでしたか?

派手なことをしている人ではなかったので、文献で調べてもあまり描かれておらず、目立たない人物だと思っていたんです。けれど実は武将としてすごい人物だと分かり、秀吉や光秀という信長の重臣たちと肩を並べることができるのはとてもうれしく思いました。

――役作りはどのようにされましたか?

なんでもテキパキ動いて、信長がやろうとしていることを一番理解して演じようと思いました。当時の小姓はいろんな仕事をしていましたので、信長の意志をすぐ読み取れるように、真っすぐ向いていてもずっと意識は信長の方にあるということをイメージしていました。

――仙千代は信長に対してどのような気持ちだったと思いますか?

「この人の進む道を見てみたい」という気持ちが大きかったと思います。それは自分がかなう夢ではないんですけど、「この人についていけば、天下の先が見られるんじゃないか」という気持ちだったと思います。信長という人物はとても怖い存在なんですが、戦場では恐怖だけではない固い絆があったと思います。仙千代も信長を信頼していますし、信長も仙千代を信頼してくれている。そういう信頼をいただいているのがすごくうれしいんだと思います。

――江口洋介さん演じる信長の印象はいかがでしたか?

心からついていきたいと思える存在でした。江口さんは、本当はすごく気さくな方で、撮影の合間ではよくお話させていただきました。その当時、信長はこうだったのでは、仙千代はこうだったのでは、という話をよくされていました。

――秀吉を演じる竹中直人さんとの共演はいかがでしたか?

竹中さんの秀吉は本当にすばらしいと思います。信長の前で話すとき、しゃべるたびに前に進んで行ってしまうんです(笑)。でも、本当にそうだったんだろうなって思えるほど、秀吉のキャラクターが明確に出ていてすごいと思います。そして竹中さんの「心配御無用!」を聞いたときは本当に感動しました。

――田中哲司さん演じる荒木村重との対決のシーンはいかがでしたか?

村重を追い詰めていくシーンはすごく楽しかったです。田中哲司さんの目力がとにかく強いので、圧倒されてしまいました。でも、こちらも負けていられないので、絶対に目線をそらさないという気持ちで演じていました。

――他のドラマと大河ドラマとの違いを感じることはありますか?

緊張ですごく汗をかくんです(笑)。現場では汗びっしょりになっています。ベテランの人が大勢いる中でせりふを言ったりするのは本当に緊張してしまい、やはり大河ドラマの独特の雰囲気を感じています。

――最後に、これからの仙千代の見どころを教えてください。

光秀と一緒に有岡城で村重を問い詰めるシーンです。向こうの本陣に乗り込んでいるので、もし村重の裏切りの意志が固まっているとしたら斬られてもおかしくない場面なんです。けれど、それでも村重の真意を突き止めるため、真摯(しんし)な心で向きあった仙千代にぜひ注目していただきたいです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報