“スタッフの態度が違う!”PASSPO☆が渋谷公会堂ライブで美人ストリングスチームに嫉妬!?

渋谷公会堂ライブの夜の部の1曲目で「Let It Go!!」を披露するPASSPO☆
  • 渋谷公会堂ライブの夜の部の1曲目で「Let It Go!!」を披露するPASSPO☆

9人組ガールズロックユニット・PASSPO☆が5月3日に東京・渋谷公会堂で昼夜2公演のライブを開催。3月26日に発売された「Perfect Sky」のバンドVer.の初お披露目(3月24日、東京・池袋サンシャインシティ 噴水広場)の際にキャプテン・根岸愛が公言していたように、同曲に加え昼の部は「Shiny Road」と「WANTED!!」、夜の部は「キャンディー・ルーム」をバンドVer.で披露した。

2度目となる“渋公ライブ”の夜の部は、まずインディーズデビュー曲の「Let It Go!!」からスタート。途中、PASSPO☆のライブにバンドとして参加している“THE GROUND CREW”の紹介の際には、彼らと初めて一緒にパフォーマンスをしたのが'12年末に行われた前回の渋谷公会堂のライブということで、メンバーはこの間支えてくれた“THE GROUND CREW”に感謝した。

そんな今回のライブ、自分たちで演奏した2曲も含め全編生バンドによる演奏の中、14曲目「BEAST IN YOU(strings ver.)」と15曲目「Growing Up(strings ver.)」では4人の美女からなるストリングスチーム“エアポートカルテット”も初めて参加。生バンドによる迫力に加えて弦楽器による幻想的な演奏の中で、メンバーがパフォーマンスを披露した。

この“エアポートカルテット”について、玉井杏奈が「4人が来ると部屋の中がいい匂いになるの」と紹介したが、続けて安斉奈緒美が「スタッフさんのテンションが上がるんだよね」と暴露。すると、メンバーから「4人のお姉さんがいるときと私たち9人だけのときと、(スタッフの)態度がまぁ違う!」「もうPASSPO☆には飽きたと言われた」「やっぱり綺麗なお姉さんがタイプってことなのね…」と嫉妬(!?)するような発言が次々と挙がる一幕も。

さらに、19曲目の「マテリアルGirl」では増井みおと岩村捺未が客席に降りるシーンもあり、本編は終了。アンコールではTシャツに着替え、「Perfect Sky(Band PASSPO☆)」と「キャンディー・ルーム(Band PASSPO☆)」の2曲を自らでバンド演奏して披露した。

最後は再び“エアポートカルテット”が登場し、メジャーデビュー曲の「少女飛行」で全24曲のライブを締めくくった。

「Perfect Sky」
発売中
ユニバーサルJ
ファーストクラス盤【CD+DVD】 1600円(税別)
ビジネスクラス盤【CD+DVD】 1600円(税別)
エコノミークラス盤【CDのみ】 1000円(税別)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報