泥酔して嘔吐したジェニファー・ローレンスを助けたのは意外な人!

オスカーのアフターパーティで飲み過ぎたと明かしたジェニファー・ローレンス
  • オスカーのアフターパーティで飲み過ぎたと明かしたジェニファー・ローレンス

今年のオスカーのアフターパーティで飲み過ぎたジェニファー・ローレンスは気持ちが悪くなって嘔吐してしまったそうで、たまたま近くにいた女性セレブに助けてもらったらしい。ジェニファーはセス・マイヤーズ司会のトーク番組でその時の状況をこう説明している。

「私はゴールデングローブ賞やアカデミー賞のアフターパーティには普通は行かない。そのころにはもう人に囲まれるのにうんざりしているし、『ああ、もうイヤ!』って感じになっている。でも今年は『よし、行こう!』と思ったの。そしたら思い切り吐いちゃった。それは大がかりなビッグパーティで、マドンナと彼女のマネージャーのガイ・オシアリーが開いた恒例のパーティだった。もし招待されたら本物のVIPって感じの。なのに、ガイの家のポーチで吐いちゃった。もう最悪な気分で、吐きながら背後を見たら、マイリー・サイラスがそこにいて『しっかりして』と言っていた」とジェニファーが語ったとContactmusic.comが伝えている。

お騒がせセレブのマイリーから助けられたジェニファーは、そこまで酔っぱらってしまった原因はパーティに同伴した友人のせいだったと思っているそう。「彼女のせいなのよ。帰ろうとしていたのに、『バーに行こう』とか言うから。それでちょっとスナックを食べていたら気分が悪くなって。『吐くなんてダメだわ』と言ったら、彼女が『なんだってしたいことをやりなさい!』って言ったの!」とジェニファーは明かしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報