ジョニー・デップがジャック・ニコルソン化!ハゲ頭で新作に挑む

マフィアのボスに扮した新作『Black Mass(原題)』が待機中のジョニー
  • マフィアのボスに扮した新作『Black Mass(原題)』が待機中のジョニー

カメレオン俳優として有名なジョニー・デップは、過去に『チャーリーとチョコレート工場』(05)でマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるウィリー・ウォンカを演じ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズではキース・リチャーズをモデルにジャック・スパロウ船長を演じた。そんな彼が、新作『Black Mass(原題)』ではまるでジャック・ニコルソンのような風貌になって撮影に参加しており、写真を見たファンたちに衝撃を与えている。

同作は、実在したマフィア界の大物、ホワイティ・バルガーの伝記映画で、主演のデップはボストンを牛耳ったマフィアのボス、ホワイティその人を演じている。19人を殺害した容疑で指名手配されるが16年も逃亡を続け、11年6月に逮捕されたホワイティの実話は、映画『ディパーテッド』(06)の下敷きになったことでも有名だ。そんな同作でホワイティをモデルにした役を演じていたのがほかならぬジャック・ニコルソンだった。

そのため、今回の映画ではジャックをモデルにすると決めたのか、それとも頭髪が薄くなったマフィアの扮装をしていたらニコルソン似になってしまったのかは不明だが、英紙デイリー・メイルが掲載している黒いサングラス姿でロケ地をあとにするジョニーの写真にはかなりの破壊力がある。

「ここまで本人に見えないと気持ちが悪い。ボストンの人々からのメッセージを読んだら、ジョニーは車の窓を開けて道行く人々に手を振っていたらしいけど、誰も気づかなかったらしい」「この映画で彼がオスカーを獲ることを祈っている。その価値はある」「いままでもいろんな扮装をしたけど、これが一番すごい」「ジャック・ニコルソンの物真似をしているジョニー・デップに見える」などの読者コメントが同紙のサイトには寄せられている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報