妻夫木聡が苦い体験談を告白!「芝居ができなくて、逃げたことがあった」

妻夫木聡が、過去の体験談を告白
  • 妻夫木聡が、過去の体験談を告白

第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『舟を編む』(13)の石井裕也監督作『ぼくたちの家族』の初日舞台挨拶が5月24日公開に開催され、妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、石井裕也監督、原作者の早見和真が舞台挨拶に登壇。客席からの「家族って何でつながっていると思いますか?」という質問に、妻夫木は真摯な眼差しでこう答えた。「わかんないです。はっきりわかっていたら、家族も簡単だと思いますが」と前置きし、20代前半に、芝居に行き詰まった時の体験を告白した。

妻夫木はこう語った。「芝居ができなくて、逃げたことがありました。その時、親父に電話したけど、何も言えなかった。でも、親父はわかってくれた。そういうわからないところでつながっているんだろうなと。電話越しでも伝わったのでしょうね。家族って良いなと思いましたし、常に感謝しています」。池松も同質問に「位置でも時間でもない気がするし。腹の底の底の思いであってほしいと思いました」と語った。

『ぼくたちの家族』の原作は、早見和真が自身の体験を基に書いた同名小説。突然、脳腫瘍で余命1週間と告げられた母を巡り、家族が葛藤していく。母親役の原田は「早見さんのお母さんが、この話を書いて元を取りなさいとおっしゃったそうで。こういう形になったのはきっとお母さんの愛だなと。昨年、お亡くなりになったのですが、きっと今喜んでくれていると思います」と笑顔を見せた。

メガホンをとった石井監督は「わかりやすい映画ではないのかもしれないけど、何か感じ取ってもらえるものがあるんじゃないかなと。作った僕らにとっては渾身の一作というか、やり切ったという手応えはあります」と力強くアピール。本作は、香港での公開が決定し、韓国、台湾、13の国と地域からオファーが来ている。石井監督は照れながら「形になればうれしいです。交渉がまとまることを祈っています」と語った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報