56歳のシャロン・ストーンが乳首ドレスで完全復活!

大胆なドレスでカンヌに登場したシャロン・ストーン
  • 大胆なドレスでカンヌに登場したシャロン・ストーン

最近、加齢による容姿の衰えや体調不良などについて報じられることが多かったシャロン・ストーンが、56歳とは思えないボディで完全復活をアピールした。

第67回カンヌ国際映画祭のチャリティイベントに参加したシャロンが着ていたのは、胸元や脇、腹部が大きく開いた赤いロベルト・カヴァリのドレス。ノーブラで乳首も見て取れるシャロンのドレス姿を、デリー・メール紙が掲載している。

「ショートヘアのシャロンは、いまをトキめく20歳代のスーパーモデルたちとレッドカーペットを歩いたが、モデルにも負けない完璧ボディで復活をアピールした」と絶賛されており、完全復活を果たしたと同紙が絶賛している。

シャロンは40歳代のころ、容姿の衰えを受け入れられず、泣きまくったことを激白している。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報