「ウェルカムJAPAN」会見でイケメン応援団に感化されたはるな愛が低音ボイスで絶叫!

「異文化交流バラエティ ウェルカムJAPAN」の記者会見に出席したはるな愛(左)とレノックス氏(右)
  • 「異文化交流バラエティ ウェルカムJAPAN」の記者会見に出席したはるな愛(左)とレノックス氏(右)

6月1日(日)にフジ系で放送される「異文化交流バラエティ ウェルカムJAPAN」の記者会見が5月27日に東京・フジテレビで行われ、はるな愛らが出席した。

同番組は、日本大好き外国人が「日本文化の神髄」を学ぶ姿に密着。外国人3人がそれぞれ「大衆演劇」「和食の板前」「応援団」に挑戦し、日本の文化を体感する姿を追う。

この日、はるなと共に登場したのは「サムライになりたい!」というカナダ人・レノックス氏。レノックス氏はプロの応援集団“我武者羅応援團”に入部し、サポーターのはるなに励まされながら、年に一度の大切な演舞会に向けた厳しい練習と向き合う。

レノックス氏と久しぶりに再会したはるなは、「昔の彼に会ったような気分でした。(レノックス氏が)ハグからきたので、思う存分ハグしました!」と笑顔で語った。また、挑戦を振り返り「レノックスは初め、ロン毛でちょっとチャラついた外国人だったんですよ。なのにどんどん表情が変わっていって…。その様子を一緒に体感しました。伝えたい!こうなりたい!という人の姿を久しぶりに思い出しました」と感想を語った。

一方、「最初、ちょっとなめてたのかもしれない」と明かしたレノックス氏は、応援団を体験したことで「自分のことを頑張るようになった。頑張ることは必要だけど、好きじゃないこととか、間違った方向に頑張ることもある。でも、自分のやりたいことを見つけたらそれに一生懸命頑張ればいいと教えてもらった」と語った。

さらに、はるなはレノックス氏にメッセージを贈るうちに熱くなり、「ウォー!」と低音の声で絶叫! 記者たちを驚かせていた。

「異文化交流バラエティ ウェルカムJAPAN」
6月1日(日)昼4:05-5:20
フジ系にて放送
出演=はるな愛、榊原郁恵、東貴博

キーワード

[PR] おすすめ情報