深田恭子が振り袖姿で登場!佐々木蔵之介は「色っぽくて良い匂いがした」とデレデレ

佐々木蔵之介、深田恭子にデレデレ!?
  • 佐々木蔵之介、深田恭子にデレデレ!?

佐々木蔵之介主演の痛快な時代映画『超高速!参勤交代』(6月21日公開)の完成会見が5月27日に江戸東京博物館で開催され、佐々木をはじめ、深田恭子、伊原剛志、西村雅彦、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、本木克英監督が登壇。実寸大の日本橋を復元した場に、深田は艶やかな真っ赤な振り袖姿で登場し、男性キャスト陣も深田の美しさにメロメロの様子だった。

本作は、「のぼうの城」を輩出した脚本賞として注目を集める城戸賞に輝き、小説化されるやベストセラーとなった同名作を映画化したコミカルな時代ドラマ。湯長谷藩の藩主が、家臣とともに幕府からの無理難題に挑む姿が描かれる。佐々木は「毎日、ドロドロ、汗だくになって駆け抜けました」とにっこり。「台風に4回見舞われたりといろいろアクシデントもあったけれど、この物語がそうであるようにみんなのチームワークが良く、笑顔で切り抜けた」と充実の撮影を振り返った。

チームワーク抜群のメンバーの中でも、佐々木から「一番色っぽくて、一番良い匂いがした」と言われたのが、紅一点となった深田だ。熱視線を送られた深田は「今までに経験した現場の中で一番、優しくしてもらった。みなさん、代わる代わる『おはよう』と挨拶に来てくれたり、とても温かい現場でした」と男性陣に感謝しきり。さらに佐々木が「深田さんがいらっしゃる時といらっしゃらない時では、スタッフのノリが明らかに違った。なんか浮き足立っていた」と明かすと、六角も「士気が高まりましたね。それは僕らもそうでしたから。男くさい現場が全然違うものになる」とニヤリ顔を見せていた。

現場に癒しと華やぎを与えていた深田だが、記者から「誰のちょんまげが一番似合っていた?」と聞かれると、「やっぱり蔵之介さん」と回答。続けて「ちょんまげのまま生まれてきたんじゃないかっていうほど、似合っていた。たたずまいや後ろ姿も、『殿!』という感じでとてもお似合いだった」と絶賛すると、佐々木は「ちょんまげのまま生まれてきたら良かったですねぇ」と鼻の下を伸ばして会場も大爆笑。「後ろ姿を見てもらっていたのも嬉しい」と大喜びだった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報