武井咲が変わり者の天才監察医に!? 新ドラマ「ゼロの真実」で白衣姿を初披露!!

木曜新ドラマ「ゼロの真実」で主演を務める武井咲
  • 木曜新ドラマ「ゼロの真実」で主演を務める武井咲

7月スタートの木曜ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」(テレビ朝日系)で、武井咲が主演を務めることが分かった。“監察医務院”というあまり一般にはなじみのない特殊な職場を舞台に、人気脚本家・大石静とタッグを組み、初めての医師役に挑戦する。武井は「初めての白衣スタイルですが、事務所の先輩でもあり、白衣の先輩でもある米倉涼子さんから着こなしを学びつつ(笑)、全力で頑張りたいと思います!」と、爽やかにアピールした。

同ドラマは、中央監察医務院に着任した新任監察医・松本真央(武井)が、毎回ぶち当たることになる謎と驚きに満ちた“生と死”、そして彼女を取り巻く同僚や警察組織で織り成される多重構造の群像劇。真央は日々多くの遺体と向き合いながら母親の死の真相究明へと突き進み、さまざまな対立構造から日本の法医学会の真実をあぶりだしていく。武井は大石と'13年4月期に放送された「お天気お姉さん」以来のタッグを組み、“生”ではなく“死”を見つめる謎多き白衣のヒロインを演じる。

真央は美人でIQ150を誇る天才だが、天涯孤独で組織や人間関係にはまるで頓着せず、異性にも食べ物にもオシャレにも興味がない。友人は一人もおらず、唯一興味を示すのは死体の検案・解剖のみという変わり者の女性。そんな風変わりなヒロインを「四つの嘘」(テレビ朝日)や「功名が辻」、「セカンドバージン」(共にNHK総合)など、多くのヒット作を手掛けてきた大石が武井のためにアテ書きする。人間の暗部をあぶり出すことに定評のある大石が描く大人のための本格ドラマで、武井はヒロインにどんな命を吹き込んでいくのか、こん身の演技に期待が集まる。また、真央と同じく中央監察医務院に勤めるベテラン女性監察医・印田恭子は、湧いてきた疑問に抜群の連想力を発揮し、真相を追求する真央に対して、あらゆるコネと人脈と経験を駆使して迫る。果たして恭子は真央にとって敵なのか味方なのか…ミステリアスな彼女の存在がドラマの謎を深める大きなポイントになりそうだ。

そんな2人が対峙するのは監察医を見下している警察組織や、サラリーマン体質の同僚監察医たち。この作品では、これまで描かれることの少なかった監察医として生きる医師たちの“現実と本音”にもスポットを当てる。というのも、日本の法医学界は先進国に大きな遅れをとっていると言われる。死因が不明でも解剖されることのない多くの遺体は、多くの事件が見過ごされている可能性を意味するため、この悲惨な現状に鋭く切り込む本作は、“人間が受ける最後の医療”である監察医務に着目した、これまでにない法医学ドラマとなっている。

初の医師役に挑戦する武井は「これまで監察医というお仕事には漠然としたイメージしかなく、テレビなどでその名称を聞いてもどこかリアルではありませんでした。“亡くなった”人の死因を“生きている”人が究明する…。今回、そんな監察医という役をいただいたことで新たな発見ができるのではないかと思っています。昨年『お天気お姉さん』で演じた安倍晴子も変わった女性でしたが、今回の松本真央もだいぶ変わった女性のようです(笑)。特殊な役や一筋縄ではいかないような人物は演じていてとても楽しいですし、“武井咲のイメージ”を打ち破るような役を演じられることが楽しみです!」と、力強く語った。

ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」
7月スタート
毎週木曜夜9:00-9:54 
テレビ朝日系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報