「アリスの棘」の主題歌を歌う高橋優『復讐を肯定する曲にはしたくなかった』

ドラマ「アリスの棘」の主題歌「太陽と花」を歌うシンガーソングライター・高橋優
  • ドラマ「アリスの棘」の主題歌「太陽と花」を歌うシンガーソングライター・高橋優

TBS系で放送中のドラマ「アリスの棘」の主題歌「太陽と花」を歌うシンガーソングライター・高橋優の囲み取材が5月26日に行われた。同ドラマは主演の上野樹里が演じる医師・水野明日美が大学病院に勤務する悪徳医師たちに制裁を下す医療サスペンス。

高橋はこの依頼を受けた時「ドラマの主題歌を担当させていただけるということは、自分の楽曲を知らない方にも聞いてもらえるチャンスだと思うので、素直にすごくうれしかったです」と率直な感想を話した。また今回楽曲を作るにあたって「書き下ろしということで普段と曲の作り方を変えたんですよね。タイトルにもなった『太陽と花』というフレーズを思いついてからはすんなり曲を作れたんですけど、そのテーマを見つけるまでに2、3カ月ぐらい悩みました」と回想。続けて「結果的にすごく自分らしい曲が作れたと思います。作るにあたって『アリスの棘』のテーマにもなっている“復讐”を肯定する曲にはしたくなかったんですよ。ただ、それをどうやって自分なりに解釈するかっていう作業は今までにない経験でしたね」と曲ができるまでの成り立ちを明かす。

普段からドラマの放送を欠かさず見ているという高橋は「初めに脚本を読ませていただいた時に、上野樹里さんが演じる明日美がやろうとしていることを太陽に例えられると思ったんです。太陽ってこの世に一つしかないしみんなが当たり前の存在だと思っているとは思うんですけど、太陽がいないと生きていけないじゃないですか。明日美がやっている復讐は誰にも喜ばれることではないけど、彼女が行動することで同じような思いをする人が減り、別の憎しみを生まなくて済むと思ったんですよ」と明日美への思いを告白。「明日美が放った輝きによって、遠回しではあるけども別の誰かが笑顔になれるかもしれない。けどその輝きは誰にも理解されないし、分かってもらえない孤独な光なんですよね。そんなことを考えながら明日美を太陽に例えました」と制作エピソードを披露した。

さらに実際の放送で自分の音楽が流れるのを聞いた時の感想を聞かれると「毎週ドキドキしちゃいますよね(笑)。そもそもドラマの内容もドキドキするじゃないですか! それに加えてそろそろ自分の曲が流れてくるんじゃないの…みたいな(笑)。この流れを毎週味わっているので、本当にドキドキしています」と照れながらコメント。

最後に視聴者の一人として「僕の理想になってしまうのですけど、やっぱり明日美には幸せになってもらいたいですよね! あんなに恨みばかりかっちゃっていますから、難しいとは思いますけどね(笑)。普通の女の子に戻ってもらいたいです。どんどん遠ざかっている気もするけど、最終的にどうなるかは楽しみですね!」と明日美へのあらためての思いと最終話に向けての見どころを語った。 

金曜ドラマ「アリスの棘」
毎週金曜日
夜10:00-10:54 
TBS系で放送中

キーワード

[PR] おすすめ情報