ローソン史上最高品質!「ゲンコツコロッケ」が発売に

ご飯のおかずとして食べても満足の「ゲンコツコロッケ」(135円)
  • ご飯のおかずとして食べても満足の「ゲンコツコロッケ」(135円)

ローソンは、6月3日(火)より北海道産のジャガイモ“キタアカリ”を使用し、製法にもこだわった“ローソン史上最高品質”のコロッケ「ゲンコツコロッケ」(135円)を発売する。ローソンが全国で通年販売するコロッケとしては、過去最高価格となる。

ローソンは、1979年3月にコンビニエンスストア業界で初めてフライヤーを導入して以来、35年間フライドフーズを販売。昨年発売した揚げ物惣菜「ゲンコツメンチ」は、1年間で3000万個販売するヒット商品となった。

今回発売される「ゲンコツコロッケ」は、最も手ごろでポピュラーな惣菜であるコロッケの進化型商品として、初めて原材料に北海道産のジャガイモ・キタアカリを100%使用。キタアカリは作付面積が全てのジャガイモの約2%しかない希少なジャガイモで、濃い黄色の果肉、栗のような甘みと風味の良さ、なめらかな舌触りが特徴。低温でしっかり熟成させることで甘みと香りをより引き出し、食感を楽しめるように大きなかたまりを中具に入れた。

また衣には畑に隣接する工場で作られた生パン粉を使用し、サクサクとした心地よい食感を実現。揚げた際の黄色い発色を考えカボチャ、風味を出すためにラードも混入させている。原材料、製法ともにこだわった最高品質のコロッケとなっている。またローソンでは、店舗で揚げた後にそのまま常温で販売できる技術・製法を導入。レンジで温め直すことで、自宅や職場でもできたての美味しさを楽しめるようになっているので、ご飯のおかずとして試してみては。【Walkerplus】

キーワード

[PR] おすすめ情報