アンジーが鑑賞して思わず吐いてしまった主演作は?

アンジーは主演作『サイボーグ2』を観て吐いてしまったらしい
  • アンジーは主演作『サイボーグ2』を観て吐いてしまったらしい

アンジェリーナ・ジョリーは、自らの出演作を見て吐いてしまった経験があるらしい。

その作品とは、日本で劇場未公開のSF『サイボーグ2』(93)。アンジェリーナは、長編デビュー作ともいえる同作で、人間の感情を持った暗殺ロボットのキャッシュ・リースを演じているが、「最初に映画を観た時、思わず吐いてしまったの。もうムカムカしちゃったわ。キックボクシングは初めての経験で楽しかったけどね。まだ17歳で、リアルな映画を作りたいという思いしかなったけど、首を切られてもしゃべっている自分を見て気分が悪くなったの。兄が私を抱きかかえてくれて、『大丈夫だよ』と言ってくれたのを覚えているわ」

「私はこれまで、自分がまじめな役ばかり演じていると信じていたの。だから周囲の人に、『気がふれた人物を演じると素晴らしい』と言われるのが不愉快だった。でも、いま思えば、どれも子どもたちに見せられない映画ばかりだわ」とbuzzfeedのインタビューで語っている。

一方で、『ツーリスト』(10)以来、実に4年ぶりの主演作となる『マレフィセント』は、アンジェリーナの代表作になること間違いなしとの高い評価を得ている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報