アンジェリーナ・ジョリー、子どもたちについて語る!「私と最も多くの共通点を持っているのはマドックス」

家族について語ったアンジー
  • 家族について語ったアンジー

アンジェリーナ・ジョリーは、赤ん坊は人格を備えて生まれて来ると信じているそうで、成長してからも持って生まれた性格は変わることはないという。そして自分の血を分けた子どもよりも、養子のマドックスのほうが自分に近いと思っているそうで、深く理解することができると話している。

「子どもは生まれて来る時、すでにしっかりとした性格を持っていると思う。その後、何か強いトラウマを受ける経験をすれば人格は変わることもあるけど。私の子どもたちが赤ん坊の頃の写真を見ると、例えば彼らが優しくてエレガントでひっそりとした人間だとしても、またはオープンで愉快な人間だとしても、あるいは大胆な人間だとしても、彼らの外見が発散しているエネルギーは赤ん坊の頃から全く変わっていない。子どもはとても多くのものを備えて生まれて来るの。親はその個性を伸ばし、サポートして、あまり邪魔をしないようにしなければと思う」

「血の繋がっている子どものほうが性格的に似ているだろうと思うでしょう。でも、それは違う。確かに一人は似ている子どももいる。でも、私と最も多くの共通点を持っているのはマドックスなの。だから、遺伝子を受け継いでいるということは関係ないわ」と語ったと英紙デイリー・メイルが伝えている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報