『アナ雪』が原因で離婚も!?米メディアが日本の異常なフィーバーぶりに注目!

日本での『アナと雪の女王』のヒットぶりに海外もビックリ?
  • 日本での『アナと雪の女王』のヒットぶりに海外もビックリ?

公開から77日間で日本での歴代興行成績が、『千と千尋の神隠し』(01)、『タイタニック』(97)に続く第3位に躍り出た『アナと雪の女王』。快進撃はまだまだ続いているが、全米では歴代19位、全世界で5位という順位を考えても、特に日本のけん引力の強さがうかがえる。そんな中、米メディアが日本での異常なまでのフィーバーぶりに注目し、興味深い記事を掲載している。

Digitalspy.comが「日本人の女性は、夫が『アナと雪の女王』が好きじゃないという理由で、離婚を言い渡す」というタイトルで取り上げている記事は、「既婚者の墓場」という日本のウェブサイト情報によるもの。

「『アナと雪の女王』を見るたびにうっとりし、1人で何度も劇場に足を運んだ29歳の女性は、大学でデンマーク文学を専攻した31歳の夫に一緒に映画を観賞するように頼んだ。夫は最初、ミュージカル映画を見るのを拒んでいたが、彼女が納得しなかったので、最終的には折れて、妻と一緒に劇場に行った。しかし、『まあ、いいんじゃない。個人的にはどうでもいい映画だけど。そんなによかった?』と言ってしまったことで、妻がキレてしまったようだ」

「妻は、『この映画の素晴らしさを理解できないのは、人間としてどこか欠陥がある証拠だわ。離婚しましょう』と言い放ち、6年間連れ添った夫と離婚することを宣言し、実家に戻ってしまった。『アナ雪』でできてしまった2人の溝は、二度と埋められそうにない。彼女は、(主題歌『Let It Go ~ありのままで~』のごとく)ありのままの人生を生きる必要がありそうだ」と、日本でのフィーバーぶりを伝えている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報