【AKB選抜総選挙】渡辺麻友が念願の第1位に! 初選抜入りの川栄がサプライズ登場

ついに頂点に立ったAKB48・渡辺麻友は、所信表明のようなスピーチを披露
  • ついに頂点に立ったAKB48・渡辺麻友は、所信表明のようなスピーチを披露

「AKB48 37thシングル選抜総選挙」の開票イベントが6月7日に都内で行われ、AKB48・渡辺麻友が念願の第1位に輝いた。ライバルと目されていたHKT48・指原莉乃は第2位。

同イベントは、8月27日(水)に発売となるAKB48の37枚目のシングルを歌うメンバーをファンの人気投票によって決めるというもので、今回で6回目。また、メンバーの今後の活動を占うという意味でも大きな意味を持ち、注目を集めていた。

第1位となった渡辺は、スピーチで「本当にあきらめないで活動してきてよかった」と口元をほころばせ、「これからは私の背中を見て、(後輩たちが)『こんな背中に付いて行きたい』と思うようなメンバーになりたいと思います」と第1位としての所信表明を語った。

渡辺の第1位を受け、グループ卒業が決まっている大島優子が登場し、渡辺に花束を贈呈。「これからのAKB48をよろしくね」というメッセージと共に、次世代へのバトンを託した。

一方、速報では独走状態で連覇も期待されていた指原は、「本当に悔しい」と悔しさをにじませ、「次も出ますので、よろしくお願いします」とセンター奪還へ意欲を見せた。

また、療養中で参加できなかった入山杏奈は第20位となり電話で喜びの声を会場に寄せ、川栄李奈は第16位で選抜入り。順位が発表された後、川栄が突然ステージに登場し、ファンに元気な姿を披露した。さらに、事件について「(速報の順位を受けて)くよくよしている人に神様が喝を入れてくれたんだと思いました」と語り、「ファンの皆さんがピンチをチャンスに変えてくれた」と涙ながらに心境を明かした。

ほか、乃木坂46との交換留学生の生駒里奈が第14位に入り、会場をどよめかせる場面も。

【AKB48 37thシングル選抜メンバー】

第1位  渡辺麻友(AKB48) 159,854票

第2位  指原莉乃(HKT48) 141,954票

第3位  柏木由紀(AKB48、NMB48兼任) 104,364票

第4位  松井珠理奈(SKE48、AKB48兼任) 90,910票

第5位  松井玲奈(SKE48、乃木坂46兼任) 69,790票

第6位  山本彩(NMB48、AKB48) 67,916票

第7位  島崎遥香(AKB48) 67,591票

第8位  小嶋陽菜(AKB48) 62,899票

第9位  高橋みなみ(AKB48) 57,388票

第10位 須田亜香里(SKE48) 48,182票

第11位 宮脇咲良(HKT48、AKB48兼任) 45,538票

第12位 宮澤佐江(SNH48、SKE48兼任) 44,749票

第13位 横山由依(AKB48) 40,232票

第14位 生駒里奈(乃木坂46、AKB48兼任) 40,089票

第15位 柴田阿弥(SKE48) 39,264票

第16位 川栄李奈(AKB48) 39,120票

AKB48 37thシングル
8月27日(水)発売
※タイトル未定

キーワード

[PR] おすすめ情報