ジャニーズWEST重岡大毅が小瀧望の恥ずかしい行動を暴露!プロベラダンスも披露して会場は大爆笑

『忍ジャニ参上!未来への戦い』がいよいよ公開!舞台挨拶が開催された
  • 『忍ジャニ参上!未来への戦い』がいよいよ公開!舞台挨拶が開催された

ジャニーズWESTと関西ジャニーズJr.のメンバーによる痛快忍者アクション・エンタテイメント『忍ジャニ参上!未来への戦い』。公開記念舞台挨拶が6月8日に丸の内ピカデリーで開催され、重岡大毅、小瀧望、平野紫耀、神山智洋、向井康二、桐山照史、中間淳太、森本慎太郎、永瀬廉、大西流星、京本大我の総勢11名がズラリと登壇。舞台挨拶ではメイキング映像が上映され、誰かが話すと、誰かが突っ込むなど爆笑トークで撮影を振り返った。

平和な世に生まれた江戸時代の駆け出しの忍者たちを主人公に、彼らの一発逆転に賭ける夢と奮闘を描く本作。忍者に扮した彼らが殺陣をはじめとしたアクションをバシっと決める姿のほか、NGシーン、撮影の合間の和気あいあいとした雰囲気が伝わるメイキング映像に、メンバーも「懐かしいなぁ」「こんなことしてたんや!」と興味津々の様子だった。

小瀧の恥ずかしい場面を暴露してくれたのが、重岡だ。重岡は「僕らの楽屋がちょうど、フカキョン(深田恭子)さんの近くだったんですよ」と撮影を述懐。「僕らの近くを通られた時があって、(小瀧が)すれ違った瞬間にスーッとしてた」と思い切り鼻から息を吸い込んだ。どうやら小瀧が深田の匂いを吸い込んでいたようで、暴露された小瀧は「言うなよ!」と慌てながらも「無意識ですよね」と認め、会場も大爆笑だった。

また、「泣きのシーンやピンチのシーンの合間にも、歌をガンガン歌っていた」とクレームを入れられたのが、永瀬だ。永瀬は「みんなが和んでくれると思って歌ってたんですよ」と弁解すると、重岡が「何の歌かは言いませんが、これを歌ってた」と、「友達より大事な人」(剛力彩芽)の振り付け“プロペラダンス”を披露。永瀬は「僕の中で当時、めっちゃ流行っていて。無意識に口ずさんじゃったんですよ!」と明かしていた。

最後には重岡が「自信を持って、面白いとオススメできる映画になっています」、小瀧が「兄弟愛や仲間との絆など、たくさんのメッセージが散りばめられた映画です」とアピール。とびきりの笑顔で舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報