ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイをかばって記者を殴った!?

キーラにほめられたカンバーバッチ
  • キーラにほめられたカンバーバッチ

キーラ・ナイトレイは、誰もがベネディクト・カンバーバッチのような友人を持つべきだと考えているそうで、あるイベントで記者から無礼な言葉を浴びせられた時に、カンバーバッチが彼女をかばって飛びかかって行った姿が今でも忘れられないという。立腹したカンバーバッチは記者を殴る仕草さえしていたそうで、心ない取材記者の言葉に傷ついたキーラは嬉しかったらしい。

「ベネディクトに次に会った時、『あの記者を殴ったの?』と聞いたら『もちろん、ぶん殴ってやった』と言っていた。誰もが彼のような友達を持つべきだと思う」と英国版エル誌に語っている。

また、キーラは同誌インタビューの中で、まだ駆け出しの女優だった頃に、取材記者から「下手くそな女優」、「拒食症だから人々に嫌われる」と言われたことがあると明かしている。「自分の人生をやり直したいとは思わないけど、10代や20代前半の時にそういうことを経験しなければならないのは、とても異様なことだと思うの。もしも自分に娘がいたら、絶対に女優になんかならないように説得するわ」と話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報