『アナ雪』フィーバーで、ロケ地ノルウェー観光が活況!

アナの声を担当したクリスティン・ベル
  • アナの声を担当したクリスティン・ベル

日本では動員数1700万人を突破し、興行収入が『タイタニック』(97)を超える212億円を突破した『アナと雪の女王』(公開中)。オリジナル・サウンドトラックが今月5日までに出荷数100万枚を突破するなど大フィーバーを巻き起こしているが、ブームは舞台となっているノルウェーにまで波及しているようだ。

製作スタッフが、ノルウェーの大自然にインスパイアされたという『アナ雪』で、アレンデール王国の舞台となっているのは、人口わずか20万人あまりのノルウェー第2都市、ベルゲンだ。世界的な『アナ雪』人気を受け、ディズニーがノルウェー観光局とタイアップしたVisitNorway.comを設立したが、映画の中で見られるなんとも美しく幻想的なオーロラや氷河が作った峡谷(ピオル)や、エルサの氷の宮殿のモデルとなったスターヴ教会、アレンデール王国の城のモデルとなったアーケシュフース城などをひと目見ようと、旅行客が増え続けているという。

「ノルウェーまでのフライト検索は映画公開後に153%上昇し、ホテルの予約は37%もアップしており、『アナ雪』フィーバーでノルウェー観光は活況だ」と、Digitalspy.comが報じている。

すでに『アナ雪』の世界興行成績は、これまでアニメ映画では首位だった『トイ・ストーリー3』(13)を抜いて1位に。ブロードウェイでのスピンオフの話も持ち上がっているようで、まだまだ世界的ブームは続きそうだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報