サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

【短期連載第2回】nagomi-NATULUREとコラボ!おいしい「アロマチャイ」製作秘話

ほどよくスパイスが効いた大人の味
  • ほどよくスパイスが効いた大人の味

シュシュ新装刊のコンセプト「ココロとカラダによくてエコなものが偉い」を形にしようと企画した「アロマチャイ」(税込168円)が、いよいよ4/14(火)からサークルKサンクス6166店(09年2月末現在)にて販売開始。中身がどのように開発されていったのか、nagomi‐NATULURE(ナ)、サークルKサンクス(サ)、トーヨービバレッジ(ト)、そしてシュシュ編集部(シ)の4者で行なった味覚決定会議のもようを交えてお伝えします。

【茶葉のお話】通常、大量生産が前提とされるチルド飲料の場合、その調達可能数量の少なさから、オーガニックの原料を使うことはまれです。が、nagomi‐NATULUREならではの良質の茶葉をどうしても使いたいと、原料を厳選して調達。セイロンの中でも最高級のセイロン・ウバを有機栽培するスリランカのNEED WOOD茶園の茶葉の使用が実現しました。さらに、(ト)「『有機栽培』や『オーガニック』は表現の規制が厳しく、商品名には入れられない」、(ナ)「うちはJASマークを取っているから認められるはず」と激論(!?)が交わされ、最終的に「有機栽培茶葉セイロン・ウバ100%使用」と文章で表現することで決着。(サ)「こだわり感、素材感のある商品が求められているので、『有機栽培』と『セイロン・ウバ』を入れたことで伝わりそう」

【コクのお話】まろやかなミルク感とコクもチャイには欠かせない要素。今回はみんなが気になる飲みごたえと自然な味わいを重視して、フレッシュな生乳を使いました。しかし求めていたコクが足りず、(ト)「これ以上ミルクを増やすと逆に水っぽくなってしまう」ため、甘さでコクを出すことに。ここでも甘味のベースは天然素材の砂糖のみにして味に自然な厚みを出しながら、隠し味としてコンデンスミルクを加えました。結果、控えめながらしっかりした大人の甘さに到達。(サ)「ある程度甘いほうが売れるが、これは甘すぎずやわらかい仕上がりでコクもある。ほかにはない味わい」。(シ)「優しい香りと甘さで、一度飲むとまた飲みたくなる」

ほかにも、香料やパッケージなど数々のハードルを越えてやっと完成したこだわりのチャイ。癒される自然な味わいを、ぜひ体験してみて。

【シュシュ編集部】

キーワード

[PR] おすすめ情報