舞台「ドリームボーイズ」制作発表で玉森裕太らのお見送りにファン感涙!

舞台「ドリームボーイズ」の制作発表がボクシングの聖地・後楽園ホールのリング上で行われ、出演者の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉、平野紫耀、永瀬廉が登場
  • 舞台「ドリームボーイズ」の制作発表がボクシングの聖地・後楽園ホールのリング上で行われ、出演者の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉、平野紫耀、永瀬廉が登場

9月4日(木)~30日(火)に東京・帝国劇場で行われる舞台「ドリームボーイズ」の制作発表が、約1000人のファンを招いて6月17日に東京・後楽園ホールで行われ、Kis-My-Ft2の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉、関西ジャニーズJr.の平野紫耀と永瀬廉が出席した。

本舞台は'04年の初演以来、滝沢秀明、亀梨和也らによって演じ継がれてきた「ドリームボーイズ」シリーズの最新作。作・構成・演出をジャニー喜多川氏が務め、夢を追い求めて走り続ける少年たちの姿を描く。

座長を務める玉森は「(玉森、千賀、宮田の)3人を中心として、できる限り新しいことには挑戦したいなって思います。2014年の『ドリームボーイズ』として、いいものは生かしながら、新たなものを組み込んでいきたいなと思います」と語った。

ことし、10周年を迎える「ドリームボーイズ」。玉森は「印象に残っているのは滝沢君の初演です。それに僕はジャニーズJr.として出させてもらって、初めてのお芝居を経験しました」と感慨深い様子。一方、千賀は「今回、僕はボクサーとして玉森と対決するので、それまでに鍛え上げて格好良いボクサーになりたいです」とやる気をみなぎらせ、'12年、'13年と出演している宮田は「僕はこの会見で毎年滑り続けているので、ことしも呼ばれて良かったです。ことしはいろんな角度から宮田を見てほしいです!」と笑いを誘った。

今回は、後輩である関西ジャニーズJr.の平野と永瀬も出演。千賀が「前回(のストーリー)と変わったところは弟ができたところで、今回、紫耀くんがね」と後輩の平野を紹介すると、平野は「僕は千賀君のお兄ちゃん役ということで…」とボケ発言! 兄弟役ではない永瀬も「いずれは兄弟になりましょうよ!」とキスマイのメンバーにおねだりし、会場を盛り上げた。

そんな中、後輩との共演について玉森が、「こういう機会を大事にしたいですね。ご飯でも行きましょうよ。頑張っておいしいとこ探します!」と先輩らしい発言をするも、すかさず宮田が「玉森って本当後輩誘えないんですよ。だから逆に二人から言ってあげて!」と暴露。玉森は「緊張しちゃうんですよね…断られたら嫌だなとか思っちゃうんで…」と、弱気な本音をこぼしていた。

また、ボクシングの試合シーンがあることから、肉体美を披露する機会があるか尋ねられた玉森は「そうですね!」と発表し、ファンは大喜び。さらに、チャンピオン役の千賀も肉体美を披露することが分かり、玉森は「帝劇でこの肉体美を見せつけてやろうぜ」と笑顔を見せた。これに対し、腹筋が割れたことがないという宮田は「事務所がOKであれば…」と控えめな発言でファンを笑わせた。

制作発表後には、玉森、千賀、宮田から「(ファンの)みんながいてくれたおかげで緊張がほぐれたよ。ありがとう」と、お礼にデビュー曲『Everybody Go』をサプライズ披露。最後は玉森、千賀、宮田、平野、永瀬によるお見送りもあり、感激で涙を見せるファンも。大盛り上がりを見せ、製作発表は終了した。

舞台「ドリームボーイズ」
9月4日(木)~30日(火)
東京・帝国劇場にて公演
チケット発売:8月2日(土)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報