「全く実感が湧きません」ココリコ・田中がロケ中に世紀の大発見!

今回のロケに挑戦した面々。(右から)新江ノ島水族館飼育員・根本卓氏、ジャングルポケット・斉藤慎二、ココリコ・田中直樹、やいづ親善大使・長谷川久志氏、長谷川一孝氏
  • 今回のロケに挑戦した面々。(右から)新江ノ島水族館飼育員・根本卓氏、ジャングルポケット・斉藤慎二、ココリコ・田中直樹、やいづ親善大使・長谷川久志氏、長谷川一孝氏

TBS系で放送中のバラエティー「アイ・アム・冒険少年」のロケ中にココリコ・田中直樹が「オオグソクムシのアルビノ個体」を発見した。「オオグソクムシ」とは“5年間断食しても生きることができる”として話題を呼んだ「ダイオウグソクムシ」の近縁種といわれ、ダンゴムシと同類種。また、「アルビノ」とは“突然変異で体内に色素を持たない個体”のことを指す。

この日のロケは「新種発見プロジェクト」企画の第2弾として、静岡県焼津市近郊の駿河湾深海450~1400m付近を漁船によるはえ縄漁で調査していた。はえ縄に付けた筒状の仕掛けには通常のオオグソクムシやヌタウナギなども入っていたが、それらの中に真っ白なオオグソクムシを発見。体の色が白いだけでなく真っ黒なはずの目が白に近いオレンジだったことからアルビノ個体であることが発覚したという。

田中は「最初は全く実感が湧かなかったんですが、新江ノ島水族館の方をはじめとするプロの方々が『これはスゴイ』と言っているのを聞いて、この発見がいかにすごいことなのかを実感するようになってきました」と興奮気味にコメント。

この“世紀の新発見”に至るまでの模様は6月25日(水)に放送される予定。

「アイ・アム・冒険少年」
毎週水曜 夜11:53-0:38
TBS系にて放送中
※6月25日(水)は夜0:03-0:48

キーワード

[PR] おすすめ情報