銀座だけ! 焼きドーナツ「ミエル」のプレートメニュー

油使ってません
  • 油使ってません

株式会社MIEL(大阪市北区)は7/16、焼きドーナツ専門店「ミエル」の旗艦店「ミエル銀座本店」を東京都中央区銀座6丁目にオープンした。テイクアウトが中心のほかの店舗とは異なり、旗艦店には23席のカフェが併設される。イートイン用のメニューは、フルーツなどのソースやクリームを盛り合わせた5種のプレートメニュー。焼きたてのドーナツにフランス産エシレバターなどの贅沢な食材を添えた“最上級のミエル”を楽しめる。テイクアウトでは8種の焼きドーナツやハチミツ、ジャムのほか、オリジナルエコグッズの販売も行う。

すでに銀座では、一日700〜800人が訪れるプランタン銀座店が営業中。あえて同じ銀座エリアにオープンする狙いについて、社長の田中洋一氏は「他エリアも検討はしたが、集客力や情報発信力で銀座に旗艦店を置くことに決めた。ここでは、まず焼きたてのドーナツをその場で味わってほしい。また、お客さまとスタッフとの距離を近くして、ミエルの魅力をスタッフから伝えられる空間を作りたかった」という。

「ミエル」は05年に大阪市でオフィス街の移動販売からスタート。油を使って揚げるのではなく、バター生地を“焼く”スタイルがヘルシーだと話題になり、07年9月にプランタン銀座に出店した。他店舗でのカフェ展開予定はなく、プレートメニューが味わえるのは当分この銀座本店のみとなる。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報