エンタメ

吉田鋼太郎、「この小栗旬はオススメ」と太鼓判!

ザテレビジョン 2014年7月5日 19時06分 配信

すべての写真を見る(8件)
7/5(土)から幕を開ける小栗旬主演の舞台「カッコーの巣の上で」のゲネプロが、東京芸術劇場プレイハウスにて行われた。本作は、名優ジャック・ニコルソンが主演を務めた70年代の名作映画としても知られるが、もともとは舞台版からスタートしたもの。

小栗は、ジャック・ニコルソンと同じく刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装って精神病院に入り、管理体制の厳しい病院内で患者たちを巻き込んで自由を勝ち取ろうと挑むランドル・マクマーフィを演じる。マクマーフィが果敢に戦う姿に、武田真治、大東駿介らが演じる患者たちと、吉田鋼太郎演じる弱気な医師も次第に変わってゆくというストーリー。出演者たちはみな、精神病院という物語の設定に体当たりで挑み、息を呑むほどの迫力の演技を見せた。それゆえか、ゲネプロ終了後の会見では、開口一番「もう疲れたんで帰りたいです」と小栗。「本番の日のお昼からゲネプロがあるとは(笑)。稽古でも(物語の内容が重いので)精神的にも肉体的にも本当に大変。でも、それほどまでにやっていると思っていただければ」と、作品に体当たりで挑む姿勢を語った。

台本・演出を担当した河原雅彦からも「翻訳劇にならないように」と指示があったと言う小栗。それもそのはず、本作は海外作品らしく英語をそのまま翻訳したような台詞も目立つ。しかし、病院で絶対的権力を持つ、厳格な婦長・ラチェッド(神野三鈴)と、大胆に壮絶に戦う"小栗版マクマーフィ"は、全くその不自然さを感じさせない。そんな小栗に太鼓判を押したのが、朝ドラ「花子とアン」(NHK総合ほか)でも注目を集める吉田鋼太郎だ。

「本当に小栗の当たり役。一回り大きくなって、存在感を増した小栗をぜひ見に来てほしい。本当に今回の小栗、オススメです!」とべた褒め!! そんな吉田に対して、小栗は照れながらも「この役はいろんなことを発散させるキャラクターで、やっていて気持ちいい。それをとても尊敬する吉田さんに褒められてうれしいです。僕のマクマーフィを見てほしいし。楽しめる部分がたくさんあるので、いい時間をすごしてほしいです」と語った。

公演は本日から8/3(日)まで東京芸術劇場プレイハウスで行われる。

舞台「カッコーの巣の上で」
7/5(土)~8/3(日)
東京芸術劇場プレイハウス
http://hpot.jp/stage/cuckoo

おすすめ情報