エヴァ・メンデスが妊娠7か月!父親はライアン・ゴズリング

40歳のエヴァがライアンの子を妊娠!
  • 40歳のエヴァがライアンの子を妊娠!

かねてからライアン・ゴズリングとの交際が伝えられていたエヴァ・メンデスが、第1子を妊娠していることがわかった。最初にOK!誌が独占で報じたが、その後ピープル誌が、確実な情報として妊娠を伝えている。

「エヴァは妊娠7か月です。ライアンとの子どもを授かることはエヴァの夢で、母親になる心の準備も整っています。このうえなく幸せな気持ちでいっぱいです」と、関係者がOK!誌に語っている。

40歳のエヴァと33歳のライアンは、11年から『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』(12)での共演がきっかけで交際を始めたが、40歳までに結婚したいエヴァと、キャリアが絶好調のため結婚したくないライアンとの間には行き違いが生じ、何度も破局説が伝えられたが、交際は続いていたようだ。

ふたりは昨年11月から一緒にいるところを目撃されていなかったが、今年2月にはライアンがエヴァの車で仕事に出かける姿をパパラッチされ、「意図的に破局を否定する行動で、すでに同棲しているのではないか」と伝えられていた。また、3月に空港で目撃されたエヴァのお腹が膨らんでいることから妊娠説が浮上したが、エヴァは「妊娠していたらX線を浴びたくないわよね」と一笑し、その後一切公の場に姿を現すことはなかった。

なお、デイリー・メール紙などによれば、「エヴァは保守的なので、子どもができる前に結婚したいと考えています。ライアンも父親がいない状況で育ったので、結婚は当然のことと考えていて、挙式は目前です」と関係者が語ったとされているが、「ライアンは結婚という形式に囚われたくないと考えています」と語る関係者もいるようで、挙式については明らかになっていない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報