入山杏奈復帰で大注目!『青鬼』が963万円でニコ生史上最高記録を達成

『青鬼』の舞台挨拶に登場したAKB48の入山杏奈
  • 『青鬼』の舞台挨拶に登場したAKB48の入山杏奈

人気のフリーRPGゲームを映画化した『青鬼』(公開中)。YouTubeなどにアップされた「青鬼」関連の動画は5000万回以上の再生回数を記録。ノベライズ化、コミック化も相まって若年層から厚い支持を受けているコンテンツだ。この度公開された映画版ではAKB48のメンバー、入山杏奈が初主演を果たしたことでも大きな話題に。そんな『青鬼』が“新しい興行の形”で史上最高記録を達成した。

公開日の7月5日、劇場公開に先駆けてニコニコ動画で最速上映会が行なわれ、1回の上映で6073名を動員、販売金額963万400円を記録した本作。これがニコ生映画有料上映史上最高のチケット購入数となったのだ。インターネットの環境があれば全国どこでも鑑賞可能で、さらに本作を1番最初に鑑賞できる機会とあって、公開を心待ちにしていたファンがこぞって集まった結果といえるだろう。

劇場での公開も好調な滑り出し。わずか9館と小規模なスタートにもかかわらず、土日2日間で総動員数4966人、総興収692万3700円を記録した。公開2日間、9館すべての上映回で満席が相次ぎ、スクリーンアベレージは76万9300円と高稼働。さらに劇場パンフレットなど関連グッズの売上も好調で、2日間で半数以上の劇場で完売。パンフレットとクリアファイルは増版が決定するなど、熱心なファンの存在がうかがえる。

10代男女の来場が大半を占めていることから、夏休みに向けて息の長い興行が予想されている本作。7月12日(土)以降は上映劇場が26館追加され、計35館での拡大上映も決定した。北は北海道・札幌、南は九州の大分まで上映館を増やし、今後も順次拡大を予定しているという。お近くの劇場で「青鬼」ムーブメントを体感してみてはいかがだろうか。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報