なめらかに動く感動!新ハリウッド版ゴジラを忠実に再現した可動式フィギュアが登場

2014年版ゴジラは小さな頭と重量感ある下半身が特徴
  • 2014年版ゴジラは小さな頭と重量感ある下半身が特徴

バンダイは、世界的に大ヒット中のハリウッド版新作映画『GODZILLA ゴジラ』の日本での7月25日(金)公開とゴジラ生誕60周年を記念して、新作の劇中に登場するゴジラを再現したアクションフィギュア「S.H.MonsterArtsゴジラ(2014)」(7344円)を9月に発売する。

S.H.MonsterArtsとは、バンダイが誇る可動フィギュアの技術を使用し、「怪獣(モンスター)」にフィーチャーしたアクションフィギュアシリーズ。2011年のブランド立ち上げ以来、日本を代表する怪獣であるゴジラシリーズにとどまらず、エイリアンシリーズ、キングコングなどの洋画に登場するモンスターも含め幅広く商品化している。

「S.H.MonsterArtsゴジラ(2014)」の原型製作はゴジラ造形の第一人者であり、これまで発売されたS.H.MonsterArtsシリーズのゴジラ原型製作を全て担当している酒井ゆうじ氏。全高約15cm、尻尾を含めた全長は約30cmという手ごろなサイズに、TAMASHII NATIONSが誇る造形、可動技術を全て凝縮した。頭から尻尾に続く曲線を、可動フィギュアでありながら美麗に立体化している。

また、映画『GODZILLA ゴジラ』公開の盛り上がりに合わせ、7月19日(土)には平成ゴジラシリーズ(VSシリーズ)版の「S.H.MonsterArtsゴジラ」(7344円)を発売予定。さらに、東京・秋葉原にある魂ネイションズ AKIBAショールームでは、「S.H.MonsterArts ゴジラシリーズ特集展示」を7月30日(水)まで開催中だ。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報