波瑠やLiLiCoがゴジラの魅力を100人の女子に猛アピール!

波瑠やLiLiCoが100人の女子とゴジラ女子会を開催
  • 波瑠やLiLiCoが100人の女子とゴジラ女子会を開催

『ゴジラ FINAL WARS』(04)以来10年ぶりの復帰作となる『GODZILLA ゴジラ』(7月25日公開)で、「Girl meets GODZILLA ゴジラ女子会・トークショー」と題したイベントが、7月21日に東京ミッドタウンで開催された。日本語吹替版のヒロインを務める波瑠、佐野史郎、映画コメンテーターのLiLiCoと100名の女性がゲストとして登壇した。

主人公の妻、エルの声を務めた波瑠は、「すごく難しかったです。エリザベス・オルセンさんの完成されたお芝居に声だけで合わせていく。作業に近かったです」と感想を語った後「ゴジラが大好きです」と笑顔でコメント。LiLiCoも「ゴジラのチラ見せ加減が良かったです。興奮するわ。今回はオリジナルにすごく似ているので、ファンが納得しています」と猛プッシュ。

“ゴジラ博士”と言われるほどのゴジラフリークで、ミレニアムシリーズに俳優として出演し、本作で声優としても参加した佐野は「今回はコアなゴジラファンもぐいぐいと惹きつけられます」と太鼓判を押した。佐野はロスで行われたワールドプレミアにも参加したということで「特にゴジラ登場のシーンがすごかった。スタンディングで大拍手でした」と大興奮。

ゴジラの男らしさについても熱いトークを繰り広げた3人。肉食系女子として知られるLiLiCoは「男らしい!こういう男、世の中でどこに消えていってしまったのかしら。マネしてほしいです」と声高に言うと、佐野も「圧倒的な強さに対する憧れがある。セクシーな感じがする。男から見ても色気がある」とうなった。波瑠も「格好良い。頼もしい。あれ?もしかして人間の味方なの?と思って、応援したくなるんです」と目を輝かせて賛同。最後に、ゴジラの巨大オブジェの前で、フォトセッションを開催した。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報