旗揚げ24年め突入! 劇団猫のホテル最新作「愛さずにはいられない」が上演中

風変わりな住民たちのもとに連れられた少年と大人になりきれない“おとな”の人情ストーリー
  • 風変わりな住民たちのもとに連れられた少年と大人になりきれない“おとな”の人情ストーリー

1990年の旗揚げから24年たった劇団猫のホテル。個性派役者の菅原永二、池田鉄洋が卒業し、慌しい期間を経て落ち着きが見えてきたここ数年のなか、下北沢ではないエリアにて新作を上演している。しかも、劇団初の公募により二人の若手を今作品で起用! さらに劇団「柿喰う客」の名女優も招き、落ち着きの中で新風をも受け入れる体勢だ。彼らの起用について、作・演出の千葉雅子に聞いた。

「七味まゆ味さんは、『柿喰う客』の舞台で拝見して、懐の深い愛情豊かな芝居に魅了されました。また天性の明るさが魅力的で、惹かれました。猫のホテルは女性が少ないので、20代のキャラクターを担っていただこうと思いました。川本ナオトくんは、少年役に応募してくれまして。その素直な瞳で他者を見つめ、また素直に反応する姿に惹かれました。実際、即興稽古に入ると、懸命にわれわれの暴走にもついてきてくれて、感じたままにその場に立っている。良い出会いに感謝です。松本D輔くんも少年役に応募してくれて、ひと目でキュートな姿に釘付けになりました。立っているだけで、味わい深い。少年役ではありませんが、ぜひ一緒にと声をかけました」。

新たな出会いの客演陣と劇団員の稽古場も、お互いによい刺激になったという。

「稽古は早めに始めたのですが、あっと言う間でした。劇団の初期のころを思い出しましたね。無邪気さが新鮮でした。客演陣のおかげで、おだやかで明るい時間だったと思います。そんな若い人たちと我々が一緒に行う、(ウォーミング)アップのための“しりとりしながらテニス”がありまして。ラリーを続けることがルールなのですが、言葉が出てこないうえに、動きも遅い。リンゴ、ゴリラ、ラーメンで終わってしまったり。アンチエイジングの重要性を実感(笑)。村上航くんがどうしても“ん”で終わる言葉を連発したり。

いつもながら、森田ガンツくんや中村まことくんの物忘れ、遅刻の言い訳がみっともなくて、全員で突っ込むのですが、七味さんが優しくフォローしてくれたり。川本くんや松本くんの笑顔で癒されました。しかし、年下の役者の存在はいけだしんくんの、優しさを引き出し、面倒見のよい姿を再発見しました。川本くんが手間取っているところをみると、すっと手をさしのべるいけださん。客演陣の人柄が美しいので、楽しい稽古場でした。松本くんが食べたお弁当の箱をすぐに洗っている姿など、新鮮でした。当たり前のことなんですがね」。

今回、猫ホテにとって初めてのエリア、すみだパークスタジオ倉については、「町の雰囲気がぜんぜんちがう! 多種多様ですね! ああ、ここは人情話がよく会う土地柄だなあと思いました。下町の風情がいいですよね」。その世界観ともマッチしている新作「愛さずにはいられない」は8月3日(日)まで。【東京ウォーカー】

■猫のホテル本公演「愛さずにはいられない」
期間:7月29日~8月3日(日)
会場:すみだパークスタジオ倉(錦糸町)
料金:(前売り)指定席4500円、(当日)指定席4800円
自由席(整理番号付き)4000円、(当日)4300円

キーワード

[PR] おすすめ情報