「ROCK IN JAPAN」ゲストMC・林遣都の“恋愛で忘れられない曲”とは!?

「現地より生放送!ROCK IN JAPAN FES.2014」で8月2日(土)、3日(日)にゲストMCを務める林遣都
  • 「現地より生放送!ROCK IN JAPAN FES.2014」で8月2日(土)、3日(日)にゲストMCを務める林遣都

WOWOWライブにて2週にわたって放送される音楽番組「現地より生放送!ROCK IN JAPAN FES.2014」(初日の8月2日はWOWOWプライムにて無料放送)の1日目と2日目の番組MCを務める林遣都がインタビューに応じた。同番組では、8月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)に茨城・国営ひたち海浜公園で開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の模様を生放送。ゲストMCの林は、会場内特設スタジオからライブパフォーマンスやアーティストインタビューのほか、会場のリポートを通して音楽の熱を伝える。

今回、MCに抜てきされた林は「MCの仕事は初めてです。MCなんてできないと思うので(笑)、あまりMCって考えないように、最低限のやるべきことをやって、まず楽しみたいなと思います。アーティストの方に敬意を持ってやったらおのずとMCとして務まるんじゃないかなと思っています」と緊張気味に語った。一方で「音楽は聴くのも歌うのも好きです。車に乗るとき、基本的には音楽をかけています。最近は、山崎まさよしさんとか昔の曲にはまっているので、今回のフェスも(山崎の出演が)楽しみです。あと、知らないバンドが結構たくさんいるので、新しいバンドの曲が聞けるのが楽しみです」と胸を弾ませた。

また、中学3年生のころからバンドを始め、ボーカルを務めていたという林は「峯田和伸さんが好きで、銀杏BOYZやGOING STEADYのコピーをよくやっていました。文化祭では予選で落ちて体育館の大きいステージで披露できなくて悔しくて泣きじゃくりました(笑)」と青春時代のエピソードを披露しつつ、「役者業で悩んだときにいつも、人生やり直せるならバンドをやりたいって思ったりします。ライブとかって本当に気持ちよさそうですよね。生活とか関係なく誰かに見られて表現していることが一番快感で、そういうことを味わえる機会ってなかなかないと思うので、うらやましいなって。ライブをやれる映画とかあればいつでもやりたいです」と音楽への熱意を見せた。

さらに、「ケツメイシさんの曲には本当に人生を何度か救ってもらったので、(今回のフェスで)何を歌うのか楽しみです。ケツメイシさんの曲は恋愛ものが多いので、どの曲が好きかって言っちゃうと、『あいつこの曲に置き換えてるんだ』って思われますけど(笑)。でも、恋愛で忘れられないのは、『君とつくる未来』('11年)です。ケツメイシさんの曲って、幸せをよりかみ締めることができて、すごくいいです。恋人だけではなくて、家族とかこれからの未来や希望を感じさせてくれますよね。あとは秦基博さんも好きで、カラオケでもよく歌うので生で聴くのが楽しみです」と自身の恋愛談を告白するとともに、今回のフェスに期待を寄せた。

最後に「アーティストの方々に聞きたいことを聞いていいとのことなので、雰囲気に圧倒されて緊張して後悔しないように、勇気を出して聞いていきたいです。初めてなので、不安しかないですけど、手を抜く瞬間はなく必死にやっていると思うので、温かい目で見てほしいです。今、役者業をやっていて、こういう仕事をまたできる機会ってなかなかないと思うので、この2日間はかなり貴重なものだと感じています。後悔しないように楽しんで、大きな思い出として残せる2日間にしたいです」と意気込みを語った。

「現地より生放送!ROCK IN JAPAN FES.2014」
8月2日(土)昼3.00-夜8.30
WOWOWプライムにて無料放送
8月3日(日)、9日(土)、10日(日)昼3.00-夜8.30
WOWOWライブにて放送
※林遣都は8月2日(土)、3(日)に出演

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報