大爆笑!ルミネtheよしもとに芸人26組が集結!

ネタを披露した芸人!
  • ネタを披露した芸人!

8/26、ルミネtheよしもと(東京都新宿区)で吉本芸人26組がネタを披露するWOWOWの公開収録番組「ルミネtheよしもと 〜ネタ超一流〜 シーズン2」があると聞き、記者が潜入してきた!

実は初めてのお笑いライブ体験。まず驚いたのは、会場のボルテージだ。お気に入りの芸人のTシャツを着た女性、母親に連れられて来た男の子、会社帰りらしい会社員など、開演を今か今かと待ち構える約300人の観客の興奮と熱気であふれかえっている。

舞台の照明が落ち登場したのは、MCのトータルテンボス。そして割れんばかりの拍手で迎える観客の前に、続いて登場したのは総勢26組の芸人たち。テレビですら集まることの難しい豪華な顔ぶれに、歓声とも悲鳴ともつかない声が飛ぶ。芸人の姿を見ただけで爆笑する男の子に「こーどーもー!」とステージから突っ込みが入るのは、ライブならでは。MCの進行を横目に中川家の礼二が袖に引っ込み、FUJIWARAの藤本が先輩である大木こだまひびきの背中を突いている。やりたい放題で収拾のつかないまま、「ネタ超一流!」の掛け声でライブは始まった。

次長課長はお見合いをする2人のコントを。女性役である河本の胸まで上げたスカートと、しれっとした表情、ときどき井上に「髪切ったらどうですかー!」とキレる様子に会場は爆笑!

相変わらず伊勢丹の紙袋に見えて仕方がないCOWCOWは「終電あーる?」「じぇいあーる」「山の手せん?」「いや、中央線」「高円寺」「ううん、国分寺」の掛け合いを見せてくれた。筆者も覚えて帰ったが、これはやはりCOWCOWがやってこそのおもしろさだ。

南海キャンディーズの登場では、178cmの山ちゃん、184cmのしずちゃんの大きさを目の当たりにして、観客が圧倒されていた。そんなしずちゃんに体当たりされた山ちゃんは本当に痛そうだった。

そして、メッセンジャー黒田の耳たぶは本当に切れていた!実家が貧乏で、子供のころ耳たぶをネズミに食われたとテレビで話していたが、客席からもその食われた耳たぶがはっきり見えた。これもライブだからこそ。

今やテレビでネタを披露することの少なくなった芸人たちだが、人気はやはり実力に支えられているのだと実感。若手も多数出演しており、どんぴしゃやライス、NON STYLEなど、これからの活躍が大いに期待できる。

この模様は、9/26(金)22:30より「ルミネtheよしもと 〜ネタ超一流〜 シーズン2」としてWOWOWで放送される。本編のほか、世界のナベアツの素顔に迫った密着ドキュメンタリーもあり、さらに濃い内容が期待できそうだ。【東京ウォーカー/本村鮎美】

出演/アップダウン、インパルス、大木こだまひびき、オリエンタルラジオ、COWCOW、しずる、次長課長、トータルテンボス、中川家、南海キャンディーズ、ハイキング ウォーキング、博多華丸・大吉、バッファロー吾郎、FUJIWARA、フットボールアワー、フルーツポンチ、メッセンジャー、ロバート、若井おさむ(五十音順)他、計26組

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報