西岡徳馬の初韓国旅行はハプニングの連続!? 袴田吉彦がお供の珍道中!

帰国して楽しかった旅の報告をする西岡徳馬
  • 帰国して楽しかった旅の報告をする西岡徳馬

日韓合作ドキュメンタリー映画「海峡をつなぐ光~玉虫と少女と日韓歴史ロマン~」でナレーションを務めて以来、韓国に一度は行ってみたいと思っていた西岡徳馬が、舞台での共演以後、すっかり気心の知れた友人である袴田吉彦との二人旅で初めて韓国へ。今回の旅はCS放送の旅チャンネルでの番組企画。1泊2日で気ままに大人旅を楽しんでしまおうというもので、後輩である袴田吉彦が仕切るということでスタート。ところが、仁川(インチョン)国際空港に着いてからは、西岡の思いつきで袴田はすっかり振り回されるハメに。

当初の予定ではソウルで食事をする予定だったのが仁川で食事をすることになったり、夜にはカジノに行ったり、完全に西岡のペース。カジノでの勝負は、「現実にはありえないドラマのようなこと」(西岡談)が起こったとか。何が起こったかは放送を見てのお楽しみ!

旅を終え帰国した西岡徳馬に旅の感想を聞いてみると、「仁川は開発中だった頃のお台場のようで素朴な感じだけど、ソウルはこんなに大都会なのかと驚いた。次々に出てくる食べ物がどれもみんな辛い。でも、袴田は辛いと言いながらも、おいしそうに食べてた。袴田は辛いのが好きなんだなぁ。自分は日本では薄味に慣れているので、純粋に辛いものには弱い。だからビールばかり飲んでしまった。ソウルには焼き肉店街みたいなのがあって、そこでお肉を食べたんだけど、とても新鮮でおいしかった」と語る。

日ごろから旅番組のロケも多い西岡。健康を維持する秘訣は「お水をたくさん飲むこと、健康食品をとること」だそうだ。この旅のお土産には、お店で薦められた女性用の美容パックと韓国のりを大量に購入。「うちには娘が二人と奥さんがいるしね。それに事務所の女性スタッフにも」。あまりにかさばるのりのために、わざわざかばんを用意してもらったとか。「女性と行くと買い物ばかりになってしまうから男同士の方が気楽で良い」と旅を満喫した西岡は袴田とまた男旅に行こうと約束を交わし韓国初旅行を終えた。

「大人旅!西岡徳馬と袴田吉彦のソウル・仁川満喫術!」
8月9日(土)夜7:00-8:00 ほか
CS放送 旅チャンネルで放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報