“ほん怖”15周年全キャスト決定!桐谷美玲が最新恐怖体験を激白

「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル『S銅山の女』」に主演する石原さとみ
  • 「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル『S銅山の女』」に主演する石原さとみ

8月16日(土)放送の土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル」(フジテレビ系)の全キャストが決定した。先日発表されたSMAP・草なぎ剛、坂上忍に続き、石原さとみ、桐谷美玲、黒木瞳、剛力彩芽、島崎遥香(AKB48)が各エピソードの主演を飾る。

「ほんとにあった怖い話」通称“ほん怖”は'99年に放送がスタート、ことしで15周年を迎えるオムニバス形式のリアルホラードラマ。“ほん怖”では、日本中から届いた本当に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現、恐怖VTRを見たSMAP・稲垣吾郎を案内人とした“ほん怖クラブ”のメンバーたちがスタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番となっている。

総合プロデュースの後藤博幸がシナリオ選定からキャスティングまで1年をかけた“ほん怖”放送開始15周年となる記念回。“ほん怖”初出演に臨む草なぎ、坂上、石原、島崎、8年ぶり2回目の出演となる桐谷、15年ぶり2回目の出演となる黒木、2年ぶり2回目の出演となる剛力が“ほん怖”史上最多の恐怖エピソード7本にそれぞれ主演する。

『犯人は誰だ』で中間管理職という立場で悩む課長役で出演する草なぎ。三沢にまとわり付く謎の女性部下役で北乃きいが出演し、息の合った掛け合いを見せる。『タクシードライバーは語る』に恐怖体験をした運転手役で出演する坂上は、「世にも奇妙な物語」(フジテレビ系)以来22年ぶりのホラー出演。『S銅山の女』の石原は心霊スポットとして有名だったS銅山に小池徹平演じる同僚と迷い込んでしまったことから恐怖体験をするOL役を演じる。『腕をちょうだい』に出演する桐谷もOL役。プロジェクトチーフを任されることになったOLを演じる。彼女を嫉妬する同僚役で菜々緒が共演。『闇への視覚』に出演する黒木は不思議な能力を持った女性を演じるが、実際の本人も不思議な体験をするそうで、再現ドラマでのリアリティーあふれる演技も気になるところだ。『さとるくん』に出演する剛力は恋人のアパートから見知らぬ女性が出てくるところを目撃してしまい失意の中、あるうわさを思い出す女性役を。そして、『誘いの森』には島崎と広瀬アリスが出演。キャンプ中に入った“ボットン便所”での恐怖体験を熱演する。

【“ほん怖”15周年!5人のヒロインたちの恐怖体験】

石原さとみ:高校生のときに金縛りに遭ったことがあります。変な男の人が自分の足元から迫ってきたんです。でも夢なのか現実なのか分からなかったんです。すごく怖くて、でも口が開かなかったので目をつむりながら「ごめんなさい、ごめんなさい!」って念じてました。金縛りに遭ったのはそれが最初で最後でしたが、それが幽霊とはいまだに信じていません…。

桐谷美玲:霊感はないんですけど、寝てる時に自分の上におじさんが乗っていたことがありました…。あまり覚えてないんですけど、金縛りに遭った時におじさんが足元からのぞいていました。金縛りに遭う時はいつも“幽霊みたいなものが自分の上を通っているな”という感覚はあったんですけど、目はつむっているんです。でも、その時ははっきりと見てしまいました。2カ月くらい前の話です(笑)。

黒木瞳:全く怖がりではないのですが、霊感は強い方で金縛りもよく体験します。一番すごい金縛りの時はお侍さんが来ました。怖くない理由は呪文を知っているからで(笑)、呪文を唱えると幽霊はさーっと消えるんです。

剛力彩芽:恐怖体験したことはあると思うのですが、怖いのが苦手なので忘れちゃいました(笑)。

島崎遥香:物置部屋に、背中についているひもを引っ張るとおしゃべりするという人形をずっとしまってあったんです。ある日の夜中に、誰もひもを引っ張っていないのにその人形の声がし始めた時がありました。

土曜プレミアム
「ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル」
8月16日(土)夜9:00-11:10
フジテレビ系にて放送
ナビゲーター=稲垣吾郎、「ほん怖」クラブメンバーズ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報