小栗旬、『ルパン三世』の舞台挨拶で「興業ランキング1位を盗みたい」と堂々宣言!

『ルパン三世』役の小栗旬が「興業ランキング1位を盗みたい」宣言
  • 『ルパン三世』役の小栗旬が「興業ランキング1位を盗みたい」宣言

モンキー・パンチ原作の人気アニメを実写映画化した『ルパン三世』の初日舞台挨拶が、8月30日にTOHOシネマズ日劇で開催。小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信、北村龍平監督が登壇。ルパン三世役の小栗は「土日の興業ランキング1位を盗みたい」と宣言。北村監督は「ルパンをやるということは、勝ち目のない闘いだった。でも、やるからには、絶対勝たなければいけなかった」と、重責のメガホンをとった気持ちを告白した。

撮影について小栗は、「大変だったのはカーチェイス。車にエアコンがついてなくてむちゃくちゃ暑かった。でも、すごく面白いシーンになった」とご満悦。不二子役の黒木は「女同士のアクションシーンで、監督に『もっとセクシーにやってくれ』と言われました」と苦笑い。北村監督も「ここは濡れ場のつもりでやってくれと。俺、たぶん変態親父でした」と言って、笑いを取った。

次元役の玉山は「頑張りすぎて、足の爪が剥がれちゃった」と激白。五ェ門役の綾野は「斬鉄剣で斬る時は、思うところはありましたが、意外とあっさりしてました」とコメント。銭形警部役の浅野は、ドアが開いたままのヘリコプターでのシーンを「めっちゃ怖かった」と振り返った。

北村監督は、続編について「是非、パート2、3とやりたい。また、銭形のスピンオフとかも良いなあと。『アベンジャーズ』みたいな感じで、全員のスピンオフがあっても良いよね」とやる気満々。小栗も「この作品がプロローグという形だと思うので、そういうことがあったらうれしいです」と意欲を見せた。

『ルパン三世』は海外配給もされ、フィリピン、台湾、タイ、ベトナム、シンガポール、韓国、香港、マカオ、オーストラリア、ニュージーランドなど23の国と地域での公開が決定している。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報