1杯1850円!スタバからパナマ産“ゲイシャ種”のリッチなコーヒーが登場

スターバックス コーヒーから登場するパナマ産“ゲイシャ種”の贅沢なコーヒー豆
  • スターバックス コーヒーから登場するパナマ産“ゲイシャ種”の贅沢なコーヒー豆

スターバックス コーヒー ジャパンは、250gで1万円という超贅沢なコーヒー豆を9月17日(水)から全国48店舗で販売する!

新発売されるのは、高品質のアラビカ種コーヒー豆のみを使用している、希少性が高い個性豊かな風味を持つコーヒー豆「パナマ アウロマール ゲイシャ(Panama Auromar Geisha)」(税抜1万円/250g)。「スターバックス リザーブ」 の新しいラインナップとして販売する。

「パナマ アウロマール ゲイシャ」は、ジャスミンを思わせる香りに、スイートネクタリンやパッションフルーツのような風味を楽しめるゲイシャ種のコーヒー豆。1930年代にエチオピア南西部の「ゲシャ」という村で発見され、1950年代にコスタリカに持ち込まれたゲイシャ種は、栽培が難しく収穫量がわずかなため、世界的にも希少な品種として知られている。また、ゲイシャ種には、あまり多くのコーヒーチェリー(珈琲の実)が実らないため、一粒一粒の栄養分が豊富なのが特徴。これが活き活きとした風味にに繋がり、世界中のコーヒー豆の中でも際立った存在となっている。

とりわけパナマ産ゲイシャ種のコーヒーは、そのエレガントな風味と希少性からコーヒー愛好家の間でも熱烈に支持され、“ゲイシャ種ブーム”を巻き起こしたほど。今回、スターバックスが届ける「パナマ アウロマール ゲイシャ」は、パナマ国内で開催されているスペシャルティコーヒーの品評会で過去2度も「ベスト・オブ・パナマ」を受賞したロベルト・ブレネス氏が経営する「ラ アウロラ農園(Finca La Aurora)」で栽培・収穫されたもの。ちなみに商品名の“アウロマール(Auromar)”は、この農園の名前 “アウロラ”と、ロベルト ブレネス氏の妻の名前“マルタ(Marta)”を掛け合わせている。

なお、「パナマ アウロマール ゲイシャ」は、他の「スターバックス リザーブ」と同様に自宅用に購入できる他、特別な抽出器具「クローバー」で抽出して店舗でも味わうことができる。ショートサイズで税抜1850円という、とにかく贅沢な一杯である。【東京ウォーカー】

■「パナマ アウロマール ゲイシャ」
コーヒー豆(税抜1万円/250g)
クローバー(税抜1850円)※ショートサイズのみ
コーヒープレス(税抜1650円)
※コーヒーはホット/アイスともに提供可能

キーワード

[PR] おすすめ情報