のぞくな危険!ネット社会の恐怖にイライジャ・ウッドが翻弄される

イライジャ・ウッド演じる青年が興味本位でのぞいてしまった先に待つものは?
  • イライジャ・ウッド演じる青年が興味本位でのぞいてしまった先に待つものは?

現代社会のインフラとして欠かせないネットワークを題材に、いつか誰もがはまってしまうかもしれない落とし穴の恐怖を描く映画「ブラック・ハッカー」が11月22日(土)より公開される。

主人公のニックは映画のプロモーションでセクシーな人気女優と試写会のレッドカーペットを歩き、その後二人だけのディナーをするという夢のようなサプライズ企画に当選するも、突然のキャンセル連絡に意気消沈してしまう。すると女優のマネジャーと名乗る電話の男から、おわびに女優の部屋を盗撮したライブ映像をパソコンで見られるようにすると持ちかけられる。興味本位でライブ映像をのぞき見た事で、ニックの興奮は破滅への恐怖へと変貌していくことに。

ニックを演じるのは「ロード・オブ・ザ・リング」の主役フロド・バギンズ役で有名なイライジャ・ウッド。ネットワーク社会の闇に翻弄され、破滅へと向かう男の姿を見事に演じている。”のぞく男”であるイライジャに対し、”のぞかれる女”となるのは現在最もホットなセクシー女優として全世界の男性をとりこにしているサーシャ・グレイ。プライベートをのぞかれる女としてこれ以上はないキャスティングといえる。

誘惑に負けてクリックしたが最後、とんでもないことに!という男子諸兄には非常に”ありえる”スリルたっぷりの展開が魅力の作品。主演のイライジャは「数年前にファンタスティック映画祭で監督と出会った。『TIMES CRIMES タイム クライムス 』('07年)を見てからずっと彼の作品のファンで、一緒に仕事をしたいと思っていたんだ。テーマがとても興味深く、こんな風に取り組んだ作品を見たことがなかったからだ」とコメントしている。

また本作は警視庁生活安全部のサイバー犯罪対策課とタイアップし、劇中で起こるようなサイバー犯罪への対策の一環という事で、「ブラック・ハッカー」公式SNSからの防犯情報の配信、本編前の犯罪防止動画の上映などを予定している。「映画のようにワン・クリックで人生を破壊しかねない現実が、見えない画面の向こう側にあります。サイバー犯罪のトラブルに巻き込まれないよう、防犯意識を持ってください」と警視庁は本作を通じて、相次ぐ個人情報流出事件やアメリカでの最新映画大量ダウンロード問題、フィッシング詐欺事件やアダルト系サイトからの架空請求など、止まらないサイバー犯罪への警鐘とするべく活動を行っていく方針だ。

映画「ブラック・ハッカー」
監督・脚本=ナチョ・ビガロンド
出演=イライジャ・ウッド、サーシャ・グレイ
11月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

キーワード

[PR] おすすめ情報