マツタケ&サンマ!贅沢天丼が秋限定発売

マツタケ、サンマ、銀杏が使われた「松茸天丼(みそ汁付)」(830円)。秋の食材が集結!
  • マツタケ、サンマ、銀杏が使われた「松茸天丼(みそ汁付)」(830円)。秋の食材が集結!

9月11日(木)から天丼てんやは、期間限定で「松茸天丼」(830円)、「ふもと赤鶏天丼」(630円)を販売する。秋の味覚が詰まった「松茸天丼」と、今春に登場し好評だった「ふもと赤鶏天丼」が揃って登場する。

「松茸天丼」は、秋を代表する食材のマツタケとサンマの組み合わせ。例年人気のマツタケの天ぷらは、秋の到来を感じさせる上品な香りが際立つ。たっぷりと脂がのったサンマは梅肉と大葉を挟み、さっぱりとした味わいに。もっちりとした銀杏、歯ごたえのあるニンジンとカボチャ…食感も豊か!さらに、かき揚げが鮮やかな彩りを添えている。

肉天丼シリーズからは「ふもと赤鶏天丼」が再登場!“美食の国”フランスの赤鶏をルーツに持つ佐賀県の銘柄鶏「ふもと赤鶏」は風味豊かできめ細やかな肉質を持っている。その柔らかな胸肉を、醤油と生姜風味の特製ダレに漬け込み、ジューシーなとり天に仕上げた。また、今回は玉子焼の天ぷらを天丼の素材として初採用。コリコリとした食感がやみつきになる、なんこつ入りつくねも添えて、まさに鶏づくしの一品となっている。

どちらも持ち帰りメニューが用意されているので、紅葉を見ながら天丼を食べるのもおすすめ!“食欲の秋”にもってこいの天丼で、お腹も心も満たしてほしい。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報