「ST赤と白の捜査ファイル」登場の謎のキャラクター“ガッキー君”を大解剖!

「ST赤と白の捜査ファイル」に登場するキャラクター“ガッキー君”
  • 「ST赤と白の捜査ファイル」に登場するキャラクター“ガッキー君”

日本テレビ系で放送中のドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」(毎週水曜夜10:00-11:00)に登場する“キモカワ”キャラの“ガッキー君”。この謎の物体はというと、藤原竜也演じる天才捜査官・赤城左門が心のよりどころにしているキャラクターで、番組公式twitterでは撮影現場の模様をリポートしている何とも働き者のキャラクターなのだ。今回、ガッキー君に独占インタビューを試みた。

――そもそも“ガッキー君”って何者?

ガッキー君は人体模型を模した怪獣で、赤城さんが自分の名前(あかぎ)をもじって名付けてくれたガッキ~っ♪ でかガッキーは2mで、引きこもり時代の赤城さんが外に出る時に着ていた、赤城さんの大親友ガッキ~っ♪ 中ガッキーは25cmで、“カフェ3”のカウンターの常連ガッキ~っ♪ ちびガッキーは5cmで、赤城さんのジャケットのポッケにいて、赤城さんを守ってるガッキ~っ♪

――どうやって誕生したの?

「研修医時代にいじめにあっていた赤城が、幼なじみのやっている着ぐるみ工房の前を通りがかった時、廃棄される寸前のガッキー君と出会い、ボロボロに傷ついた自分とその姿を重ね、たまらなく愛おしくなり家に連れて帰った」という設定ガッキ~っ♪ ま、どこにも描かれてないけど(笑)。現実的な話をすると、'13年のSPドラマの台本に「科学くん」のような人体筋肉模型と書かれていて、そのビジュアルがあまりに怖すぎて、もっともっとかわいイメージにしよう!とピコピコ(トムラアツシ)さんにデザインを依頼し誕生したのが「超科学的解釈による2.5次元的人体筋肉模型」であるガッキー君なのです!

――ガッキー君はHPやTwitterにも登場していて、大活躍ですね!

おしゃべりなので、Twitterで撮影現場の紹介をしてるだけガッキ~♪ 最初は怖いとかかわいくないとか言われたりもしたけど、放送が始まってからだんだん愛されるキャラになってきてうれしいガッキ~っ♪

――ところで、ガッキー君のドラマ登場シーンで印象的なシーンはどこ?

やっぱり、中に入った赤城さんが出てくるところ! SPドラマのときは、シリアスなシーンなのに一人で出られなくてジタバタしてるとこを百合根(岡田将生)さんが手伝ってあげるんだけど、藤原竜也さんが「ギャグ? これギャグになってない?」って言ってたのがおかしかったガッキ~っ♪ そのとき、ものすごい暑かったらしく、「連ドラではもう入らない!」って言っていた藤原さんだけど、第1話でいきなり入るシーンが(笑)。これもしんみりしたシーンだったのに、また一人で出られなくてジタバタしてるとこを三枝(渡部篤郎)さんに手伝ってもらって出てくる、その赤城さんの顔が真剣で、ガッキー君の顔とのギャップについ笑ってしまう、ほほえましいシーンだったガッキ~っ♪

――それはぜひとも見返さなければですね! さて、いよいよドラマも終盤…。9月3日(水)放送の第8話はどんな展開に!?

第8話は、子供を殺された二人の母親のお話です。警察の正義も法律も守ってくれなかった我が子の命、永遠に続く親の悲しみと怒りが無力な母親たちを追い詰めていきます。この事件は「正義とは何か?」という問いを赤城たちに突き付けます。真っすぐな百合根は「どんな事情があっても人を殺してしまえばただの殺人犯になるんだ」と言います。しかし、赤城は…、そして警察を突然辞めた三枝の行動の真意は…。このことが、9月10日(水)放送の第9話、そして9月17日(水)放送の最終話に向けて大きなテーマとなっていきます。社会的に悪とみなされている人々が次々に殺されていく。世論を味方につけ、鬼退治をする桃太郎のごとく正義を振りかざす犯人グループにSTはどう立ち向かっていくのか!? 赤城と百合根が迎える最大の危機、STはどうなるのか、目が離せないガッキ~っ!

「ST赤と白の捜査ファイル」
毎週水曜 夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送中
出演=藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城、柴本幸、田中哲司、林遣都、瀬戸朝香、渡部篤郎ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報