キスマイ・玉森裕太が携帯番号を聞かれてうれしかった相手とは!?

初演から10周年を迎える「ドリームボーイズ」
  • 初演から10周年を迎える「ドリームボーイズ」

9月4日(木)から9月30日(火)にかけて東京・帝国劇場で行われる舞台「ドリームボーイズ」の舞台お披露目会見が行われ、メーンキャストのKis-My-Ft2の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉をはじめ、永瀬廉、平野紫耀、高橋海人、紫吹淳、鳳蘭が登場した。

今作は、'04年に滝沢秀明主演で初演されたシリーズの最新作で、今回で10周年。ボクシングとエンターテインメントを題材に玉森らが夢を追い求める姿を描く。

第1幕のクライマックスでは、直径3mのフラフープにつながれた玉森が回転技を行う新技「玉フラ」を披露。玉森は「大きいフラフープの中でフライングするからです」と名前の由来を披露するも「フラフラしちゃうからという意味もあります(笑)」と説明。宮田も「僕だったら倒れてる」と語るほど、何度も回転を行うため、練習はできる限り短時間で行われたことが明らかになった。

また、舞台開催中は千賀の母親による差し入れが期待されているとの話題に。以前、ゼリーを大量に差し入れたことがあると知った一同は、今回は千賀の地元である名古屋の名物を期待。希望を聞かれた紫吹が「わらびもち」とリクエストすると、千賀は「わらびもちが有名なんですか?名古屋出身なのに知らない!調べておきます」と慌てる一幕もあった。

今作は、これまでの台本を一新し、キーマンとしてジャニーズJr.の永瀬廉、平野紫耀、高橋海人が抜てきされ、重要な役どころを演じることに。高橋に携帯番号を尋ねられたという玉森は、「普段なかなか聞かれることがないので、うれしくてすぐに教えました」と語り、高橋からの相談メールなどに答えていることを明かした。

舞台「ドリームボーイズ」
9月4日(木)~9月30日(火)
東京・帝国劇場にて公演

キーワード

[PR] おすすめ情報