日本一の“夜景男”が断言!「東京夜景」は最上級の恋愛ツールだ

サンシャイン60ビル59Fのイタリアンレストラン、オーシャン カシータで夜景を見ながらスパークリングワインを嗜む丸々もとお氏
  • サンシャイン60ビル59Fのイタリアンレストラン、オーシャン カシータで夜景を見ながらスパークリングワインを嗜む丸々もとお氏

近年、お笑い芸人である渡部建(アンジャッシュ)が持っている“夜景鑑賞士”の資格が話題になったり、工場夜景ツアーが定着したりと、夜景をキーワードにしたに新たなムーブメントが起きる予感!?夏も終わり、澄み切った秋の夜空が広がり始めるこのタイミングで、改めて夜景の魅力を紐解いてみよう。

そんな水先案内人に相応しいのはこの人しかいない!夜景評論家としてテレビでも活躍している“夜景ブームの第一人者”丸々もとお氏である。工場夜景ツアーの仕掛け人であり、テレビ番組「ソロモン流」(テレビ東京系)では、夜景の賢人としても紹介された人物。夜景に関する著書は40冊を超えており、現在は、夜景アドバイザーとしても積極的に活動している。「夜景で街を元気にしたい!」と、地方都市の地域活性化プロジェクトに多数従事。そもそも、冒頭で触れた“夜景鑑賞士”を立ち上げたのは丸々氏なのである。

そんな彼が今注目している“東京夜景”とは?池袋一の高さを誇るサンシャイン60ビル(東京・豊島区)の高層階レストランゾーン、スカイレストラン内にある「オーシャン カシータ」と「オザミ・サンカントヌフ」で話を聞いた。

まずは東京夜景の見どころについて聞いてみたところ、「夜景には、赤、オレンジ、青、白などのさまざまな色彩がありますが、東京の夜景にはそれらの色彩がギュッと凝縮されています。それに、地方の高層ビルからの眺めは、ここまで平地が奥まで続いていません。もっと手前で山にぶつかります。それに比べて、東京は山から離れているので、『視点場』(ビューポイント) が多いのも大きな特徴ですね。また、東京の夜景は蛍光灯の明かりが美しいんです。海外へ行くと、ここまで白を基調にした夜景はありません。とはいえ、LEDへの切り替えが着実に進んでいる今、あと10年もすると東京の夜景も大きく変化していくでしょうね」と教えてくれた。

そして、インタビュー場所となったサンシャイン60ビルについては、「最高の場所に建っていますよ」とニッコリ。「周囲に他の高層ビルがないので、とにかく見晴らしがいい!眼下にザクザクとしたビルのシルエットが見えますが、別の方向を見れば、埼玉方面の景観も楽しむことができる。夜景の二面性を堪能できますね」と“最高の場所”である理由を説明。特にスカイレストランは、ニーズにより使い分けができるのが魅力なんだとか。東側の「オザミ・サンカントヌフ」では、東京スカイツリーや東京タワーなどのランドマークが見えるので、話題のきっかけに困ることはないだろう。つまり、夜景の初心者や東京らしさを感じたい人にもおすすめだといえる。北側の「オーシャン カシータ」は、埼玉方面を向いており、南東側に比べると圧倒的に光が少ない。「光と光の切れ目の組み合わせが楽しめるので、抽象画のような景観を見て、日々の仕事に背を向けてみてはどうですか?そこに美しい料理が加われば、素晴らしい“現実逃避”空間が完成します(笑)」。どうやら丸々氏は、こちらの夜景の方が好みのようだ。

「まず、大前提として、夜は人を感情的にさせます。だから、心の扉を開けやすくなるんです。非日常的な夜景から得られるインスピレーションがプラスされれば、恋人や家族とも深いコミュニケーションが取れるんじゃないかですか?もし、夜景の見えるレストランに恋人を連れて来て、相手が重みを感じてドン引きしてしまうようなら、気が合わない証拠ですよ(笑)。相手の美的感覚をも試せるリトマス試験紙になると思うので、本当に価値観が共有できるか知りたい時には、是非とも夜景鑑賞をしてほしいですね。ただし、男であれば自分自身も試されるということをお忘れなく」と丸々氏は力強く語る。

ちなみに、今年でオープン5周年を迎えるスカイレストラン。5周年を記念して、同フロアにある6店舗のレストランでは、“5年間の感謝の気持ちを込めた特別コース”を10月31日(金)まで発売する。コース料金は、5周年にちなんで5555円で統一。フレンチ&ワインバーの「オザミ・サンカントヌフ」(59階)は、常時400種類以上のワインを取り揃えるフレンチレストランだ。オードブル、魚料理、肉料理、デザート…それぞれのジャンルの中から、オープン以来最も人気があった一皿を並べた特別コース(各日3組限定)には、“お客様の声を反映した”食材ベスト5も盛り込まれている。また、イタリアンレストラン「オーシャン カシータ」(59階)では、新鮮なシーフードと季節の食材をふんだんに使った全5品の特別コースを用意。月替わりのドラフトビールやソムリエール厳選のワインが楽しめる。夜景を見ながら、料理とワインのマリアージュを堪能したい。【東京ウォーカー】

<丸々もとお>
夜景評論家。執筆活動の他、「夜景による集客」「夜景による町おこし」をプロデュースしている。現在は、新潟・妙高のホテル&ゴルフリゾート施設「アパリゾート上越妙高」で、自身が監修した東日本最大のサマーイルミネーション「Myoko Happiness Illumination 幸福を呼ぶ光の双龍」を開催中(11月15日まで)。

■サンシャインシティ スカイレストラン
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60  58・59階
電話:03-3989-3331(サンシャインシティ)
営業:11:00~23:30※店舗により異なる

■オザミ・サンカントヌフ
電話:03-5960-4120
営業:ランチ11:00~15:30(LO14:30)
   ディナー17:30~23:30(LOフード22:30、ドリンク23:00)
   日祝17:30~22:30(LOフード21:30、ドリンク22:00)

■オーシャン カシータ
電話:03-6864-6059
営業:ランチ11:30~15:00(LOフード14:00)
   ディナー17:00~23:00(LOフード22:00、ドリンク22:30)
   土11:30~23:00(LOフード22:00、ドリンク22:30)
   日祝11:30~22:00(LOフード21:00、ドリンク21:30)

■「鮨セミナー」 (インドマグロ、本マグロ、畜養マグロの食べ比べ)
※その他、おすすめ10~12貫の鮨料理を提供(解説付き)
場所:鮨処 銀座 福助
電話:03-5954-6159
日時:10月21日(火)15:00~17:00(受付14:30)
定員:30名(1グループ4名様まで)
料金:5000円
応募:電話で店舗にて受付 ※10月10日(金)まで
鮨セミナーでマグロを食べ比べ!詳しくはこちら

キーワード

[PR] おすすめ情報