平日早朝から“フェスる”!「エクストリーム出社」最前線

出社前にクラブで踊る!注目の“朝フェス”に潜入!!
  • 出社前にクラブで踊る!注目の“朝フェス”に潜入!!

平日の朝っぱらから全力で遊んで、定時にはきっちり会社へGO!ここ数年盛り上がりを見せる「エクストリーム出社」だが、実は最近さらにスゴいことになっているのだ。今回は、聞き慣れぬ“早朝フェス”に潜入取材!既存のイベントや商業施設とタッグを組むことでますますEXTREME(過激)へと進化したこの出社スタイルの魅力と最新事情に迫る。

そもそもエクストリーム出社とは、昨年8月に設立した「日本エクストリーム出社協会」の定義によると、「早朝から観光や海水浴、登山などのアクティビティを思いきり楽しみ、定刻までに華麗に出社をするスポーツ」。従来の“朝活”とは違い、キャリアアップや勉強とは無縁のレジャーを中心に据えているのが特徴だ。「高尾山で日の出を見てから出社する」といったブッ飛んだ活動がSNSで全国的に話題になり、各メディアの取材が殺到するほどの一大ムーブメントになったのである。

「会社に遅刻したら失格」など、最低限のルールを守れば、あとは基本的に何でもアリ。「水鉄砲運動会」のように協会が主催するお祭り的なイベントもあれば、なかには独自に「早朝合コン」を行うグループも。出社前は“飲酒”も“お持ち帰り”も不可能なため、心身ともに健全な出会いが期待できるという。このように、各々がオリジナリティや充実感を競うように活動できるのも醍醐味のひとつなのだ。また、朝から思い切り遊ぶことでリフレッシュできるだけでなく、出社直後からエンジン全開で動ける「シュッシャーズハイ」効果も期待できるという。そう、一見ムダなお遊びに見えて、じつはサラリーマンに嬉しいことばかりなのだ。

注目度が高まるにつれて、最近は日本エクストリーム出社協会が発信するイベントのEXTREME化にも拍車がかかっている。レジャースポット「さがみ湖リゾート」で朝から絶叫マシンに乗ったり、佐賀県の情報発信プロジェクト「FACTORY SAGA」と実家セットを作って里帰りの疑似体験ができたり、他団体とコラボすることで次々と斬新なイベントを展開中。つまり、それだけエクストリーム出社に注目する企業が増えているのである。

とはいえ、わざわざ平日の早朝に遊ぶことに抵抗があるサラリーマンも多いだろう。そこで、毎夜3時に寝る生粋の夜行性ライターがガチで体験!8月27日開催の「Morning Gloryville Tokyo」なる“早朝フェス”に、無理やりテンションを上げて参加することに。どうやら最近、ロンドンやパリの“オシャレピーポー”の間で、「出社前にクラブで踊る」イベントが流行っていて、その日本版を日本エクストリーム協会が主催してるのだとか。

会場は、東京都千代田区の旧中学校を回収した文化施設「アーツ千代田3331」。朝6時に受付開始のため、自宅を出たのはジャスト5時…頭の中は「眠い×100」。しかし、会場入りして5秒で脳が覚醒!あろうことか、若い女子がわんさかいるのである。開演の6時半には200人を超える参加者でフロアがいっぱいになり、そのうちサラリーマン風の男子は2割ほど。まさかの逆ハーレム状態に直面して、早くもライターはこのイベントの“当たり”を確信。

ハイテンションなDJに合わせて体を揺らすダンス派と、優雅にエビ反りを決めるヨガ派がフロアを二分して、会場は一気にカオスと化した。ライターも気付けば汗だくになっていて、普段は寝ている朝7時に缶コーヒーを一気飲み。なんだろう、この優越感!はい、もう徹夜自慢はしません!と、意識改革に成功。リアルに女子との出会いも期待できるし、終演の10時を待たず出社時間に合わせて気軽に退出できるカジュアルな空気もナイス。これで入場料2000円は安いもんである。

その後、10時30分から別件の打ち合わせに挑んだライターは、アグレッシブな提案をバンバン出して自ら仕事のハードルを上げるという暴挙に。ウワサの「シュッシャーズハイ」効果で自分の首を絞めることになったが、きっとこれでいいのだ!ちなみに、次回の「Morning Gloryville Tokyo」は9月24日(水)に開催予定。他にも、朝から絶叫マシンに乗るなど、日本エクストリーム出社協会は奇抜なイベント情報を随時公開中だ。変わらない日常に革命を起こしてくれるこの活動の今後に目が離せない!【東京ウォーカー/記事提供=週刊ジョージア】

※記事の内容は、無料スマホマガジン「週刊ジョージア」から一部抜粋、再構成したものです

現在配信中の「週刊ジョージア」では、「男の流行りモン講座」の記事完全版を公開中!

■スマホマガジン「週刊ジョージア」
iOS、Android対応/料金無料
スマホ版紹介サイト(iOSアプリダウンロード入口)
スマホ版紹介サイト(Androidアプリダウンロード入口)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報