B・カンバーバッチが『バットマン v スパイダーマン』で悪役を演じる?

カンバーバッチが『バットマン v スーパーマン』で悪役に?
  • カンバーバッチが『バットマン v スーパーマン』で悪役に?

ベネディクト・カンバーバッチが『バットマン v スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス(原題)』に出演するのではないかという噂が浮上している。

彼が演じるのは悪役だと言われており、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)、『ホビット 竜に奪われた王国』(13)に続き、『ジャングル・ブック』でも人食い虎の声を担当することが発表されたばかりのカンバーバッチは、現在の映画界で最も悪役を演じているスターかもしれない。

Comicbook.comによれば、噂に拍車をかけているのは英BBCラジオ1のDJがGQアワード授賞式のレッドカーペットで撮影されたカンバーバッチの写真をツイッターに投稿し、「ベネディクト・カンバーバッチは、『バットマン v スーパーマン』で悪役を演じるという噂を否定しなかった」と書いたためだという。

カンバーバッチは、以前からスーパーマンの宿敵ブレイニアック役の候補に挙がっていると囁かれてきた。ブレイニアックはコンピューター人間という設定で、縮小光線によって惑星の都市を住民ごと縮小してボトルに詰めることができるという。『バットマン v スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』にブレイニアックが登場するかどうかは不明だが、ブライアン・シンガー監督が『スーパーマン リターンズ』(06)の前日譚を製作する話を受けた時、悪役として使うことを希望していたと言われている。前日譚製作の企画は流れてしまったが、ブレイニアックは映画製作者たちに人気の高い悪役キャラの一人だ。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報