唐沢寿明、今後もアクションに前向き「ブルース・リーを追いかけます!」

『イン・ザ・ヒーロー』の初日舞台挨拶に登壇した唐沢寿明
  • 『イン・ザ・ヒーロー』の初日舞台挨拶に登壇した唐沢寿明

危険なヒーローアクション映画に挑むスーツアクターに唐沢寿明が扮する『イン・ザ・ヒーロー』の初日舞台挨拶が、9月6日に丸の内TOEIで開催。主演の唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、杉咲花、和久井映見、武正晴監督が登壇した。唐沢は「日本一頭の小さい“小頭”寿明です」と自己紹介し、会場は爆笑。また、自分にとってのヒーローはブルース・リーだと言い、「芸能界でブルース・リーを追い続けます」と力強く宣言をした。

本作は、唐沢寿明扮するベテランスーツアクターと、彼の仲間や家族が織り成す熱いドラマだ。実は唐沢自身、スーツアクター出身。唐沢は本作の撮影で再会したスーツアクター時代の仲間たちや先輩、本作の共演者たちに感謝し、「俳優はチームワークだから」とキッパリ。「今回のチームはすごく良かったってことです」と充実感あふれる表情を見せた。

さらに「今後もアクションを?」と尋ねられると、唐沢は「時間をいただければ。お見せしてない技もありますし」と前向きに発言。寺島は「ちょっと休ませてやって。50過ぎてるから」とチャチャを入れた。唐沢はさらに「黒忍者が全力で倒れてくれると、こっちも燃えてくる。頑張らなきゃって思えてくる。だって、みんな無欲に頑張ってるんだもん」と熱くコメント。

寺島は「ピンク映画が大好きな寺島進です」の自己紹介でつかみOK。さらに自身も役柄同様に女形スーツアクターの経験があるということで「ブラジャーの胸パットが当時より進化していてびっくり。向きとかもあり、弾力性もあって、柔らかい」とノリノリ。唐沢は失笑しながら「警察呼んでもらおう」と制し、会場は爆笑の渦に。

舞台挨拶では、若手俳優に突っ込みまくっていた唐沢と寺島。福士は「撮影中も、プロモーションでも、唐沢さんがいじってくださった」と笑顔で言うと、唐沢は「この超二枚目がいま、日本を席巻していますから」と福士を猛プッシュ。また、杉咲が「寒かった現場で、唐沢さんから『温まりな』と言われて」とお礼を言うと、唐沢は「そう言っただけ?」と突っ込む。杉咲はドギマギしながら「生姜の…」と言いかけると、寺島が「精一杯だからしょうがないじゃない。うるさいね、座長」と助け船を出す。終始、笑いに包まれた舞台挨拶となった。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報