9/14(日)は中秋の名月、日本科学未来館で月を楽しもう

中秋の名月(イメージ)
  • 中秋の名月(イメージ)

日本科学未来館(東京都江東区青海)では、中秋の名月(旧暦8/15の月)にちなみ、ことしで8回目となる「中秋の名月 未来館でお月見!2008」を9/10(水)〜9/15(祝)に開催する。

シンボル展示の巨大な球体ディスプレイ「Geo-Cosmo s」を月に変身させ、地球からは見ることができない月の裏側までも観察する館内ツアーや、“もしも月旅行が身近になったら”という想定のもと、月博士やインタープリター(展示解説員)といっしょに月旅行をプランニングするトークイベントなどを行う。

ことしはNASA(米国航空宇宙局)が設立されて50周年にあたり、9/14にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の月周回衛星「かぐや」が打ち上げ1周年を迎える。これにちなみ、アポロ計画時代の月にまつわる企画や、「かぐや」に撮影された最新の月・地球のハイビジョン映像、「かぐや」の模型なども展示する。

夜を待つまでもなく、ここではさまざまな角度から「月」を眺めることができる。ちなみに、ことしの中秋の名月は9/14(日)。【東京ウォーカー/高柳舞】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報