これが楳図かずお流!?映画に込められた母への強烈な愛!

77歳にして初めて監督に挑戦した楳図かずお。表現者として探求を続ける姿勢は衰えることを知らない様子だ
  • 77歳にして初めて監督に挑戦した楳図かずお。表現者として探求を続ける姿勢は衰えることを知らない様子だ

「漂流教室」「神の左手 悪魔の右手」などホラー漫画を描き続け、タレントとしても精力的に活動している漫画家・楳図かずおの映画初監督作品「マザー」が9月27日(土)に公開される。本作はストーリー原案、脚本、監督を楳図が務め、彼の創造の原点である亡くなった母をめぐる恐怖の物語を描いた自叙伝的作品となっている。77歳にして監督デビューを果たした楳図に作品のテーマやドラマ「半沢直樹」で強烈な印象を残した主演の片岡愛之助について聞いた。

―本作はご自身の体験をもとにストーリーを考えたのでしょうか。

私は“恐怖”というのは実際に体験したものでないと、他人にその本当の怖さを伝えることが難しいと考えています。「マザー」の中にも自分が見聞きしたエピソードを盛り込んでいます。嫌なものほどインパクトがあって色々と想像力をかきたてられます。劇中でも大嫌いなものをたくさん出しました(笑)。不思議なことですが、嫌な物事ほど表現として魅力的で、面白くなるものはないと思います。ただ恐怖も行き過ぎるとギャグに転じてしまうおそれがありますので、さじ加減には気をつけています。

―「マザー」の重要なテーマであるご自身のお母様について。

劇中とは違って普通の母親です(笑)。ガミガミとうるさく叱られたという記憶は全く無く、ストレスを感じないタイプの母親でした。生きた時代や育った環境のせいもあってか、母の人生は決して華々しい部分が多かったわけではないので、映画の中では多少なりとも華やかな雰囲気が出ればとメークなども試行錯誤しました。ホラーの表情だけでなく華やかで寂しげな、喜びや悲しみもメークで上手く表現できればいいなと思いました。

―主演の片岡愛之助の印象について

人当たりが良く大変親しみやすい方です。気難しい方だと細かく説明するのがおっくうになってしまうので撮影の際は非常に楽をさせて頂き助かりました(笑)。難しく考えるのではなく、映画を作ることを楽しもうとしてくれている方なのだなと思いました。

―ご自身役として抜擢された理由は?

プロデューサーからのご紹介が起用のきっかけです。当時は歌舞伎役者を起用するなんて全く考えていなかったので、逆に面白いなと思いました。歌舞伎の世界の方なので演技にも他の役者とは違った幅があり、また今作はストーリー重視の作品に仕上げたかったので、メリハリのはっきりとした明快な表現で演じて頂いて大変満足しています。「マザー2」があれば是非またやりたい、とおっしゃって頂きました(笑)。

―恐怖を描くことの永遠のテーマは?

人間が付き合ってきたもので一番怖いのはやはり人間で、一見普通の人が夜な夜な五寸くぎを打ち付けていたり(笑)。そういった人間の目に見えない精神的な怖さの象徴が幽霊として描かれてきたのだと思います。日常の裏側にある不条理と非現実の部分は、論理の外にあるもので理屈では説明出来ない。僕はクモも怖いしヘビも嫌い。真っ暗な所も凄く怖いです(笑)。人間が本能的に怖いと思うものの本質が変わらない限り、ホラーは永遠に続いていくのだと思います。

映画「マザー」
9月27日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開
ストーリー原案・脚本・監督:楳図かずお
出演:片岡愛之助、舞羽美海、真行寺君江
主題歌:中川翔子「chocolat chaud」

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報